日程固定旅行
1月15日(土)開催
募集終了まで残り 36

絹姫サーモンの生みの親に学ぶ。自然環境を守り食糧難を解決するアクアカルチャーの力
- サステナブル漁業者になる旅 -

開催日程:
申込人数:
参加料金:5,000円 + 消費税:500円 = 合計金額:5,500円
興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

旅で得られること

モチベーションを高め、長く続けるチカラ

学びのロードマップ

  1. 持続可能な食料供給を支える養殖漁業を知る
  2. ブランド魚「絹姫サーモン」の開発秘話を聞く
  3. 社会的使命をモチベーションにする方法を学ぶ

旅のホストと仕事ガイド

愛知県淡水養殖漁業協同組合

愛知県のブランド魚「絹姫サーモン」を愛知県水産試験場と共同開発した漁業協同組合。マス類やアユ等の養殖販売のほか、冷凍品や加工品も生産しています。養殖業者に対しては、飼料や稚魚の販売技術指導なども行ない養殖業の発展に貢献してきました。常務理事を務める米花晃雄さんは、東京水産大学(現東京海洋大学)で冷水性魚類を専攻。全国養鱒振興協会の事務局長も務め、養殖業者の支援やマス類の販路拡大のために力を注いでいます。
愛知県淡水養殖漁業協同組合
愛知県は、名古屋を含む西側の尾張と、東側の三河に大きく二分されます。その三河エリア北東の内陸部は、奥三河と呼ばれ豊かな自然が残る山間地域です。

この地で半世紀にわたり淡水魚の養殖事業を営んできたのが、愛知県淡水養殖漁業協同組合。愛知県のブランド魚「絹姫サーモン」の開発でも知られています。

組合の設立当時は、獲る漁業より造る漁業への転換が叫ばれていた時代。そして今、世界的な人口増と乱獲で水産資源の枯渇が懸念されています。英語でアクアカルチャーと言われる養殖は、サステナブルな漁業として注目され、世界ではその生産量が増加中です。

特に、卵から魚を育てる完全養殖は、天然資源を利用しないため自然環境を守ることにもつながります。同組合でも、卵を産むメスを選り分け、採卵し受精させ、孵化した稚魚を餌付けして成長させるという一連の流れで、完全養殖による活魚の生産を行なっています。

今回の旅では、「絹姫サーモン」の生みの親であり、組合の常務理事を務める米花晃雄さんから、養殖魚の生産方法について学びましょう。「採卵」もしくは「餌付け」の体験もさせていただきます。

米花さんは、地元では「ニジマス名人」と呼ばれる養殖漁業のスペシャリストです。学生から社会人まで、幅広い世代へ養殖の指導経験があり、テレビをはじめとしたメディア出演や大学での講演も行う米花さんなら、未来の食料問題という視点からも養殖について教えてくれるはずです。
続きを見る

魚づくりへの情熱が、数々の難題を乗り越える力に

大学でサケ科を含む冷水性魚類の研究をしていた米花さんは、卒業後に愛知県淡水養殖漁業協同組合に入職。全国養鱒振興協会の事務局長まで務める養殖一筋35年の大ベテランです。

研究者肌な面と、長年、魚づくりの現場で試行錯誤を繰り返してきた実務肌の両面を持つ米花さん。しかし、ここまでの道のりは平坦なものではありませんでした。

「サケ科の淡水魚であるニジマスは、明治10年に日本に入ってきた外来魚ですが、あまり普及しなかったんです。味の問題というより、あんなに大きい川魚を生で食べるの? という偏見があって」

天然の鮭は寄生虫のリスクがあって生では食べられません。養殖ならその心配はないのですが、ニジマスはなかなか売れなかった。

「でも伊勢湾には、アマゴが海に出て大きくなって川に戻ってくるサツキマスという魚がいて、高級魚として珍重されていました。漁獲量が少なく、非常に美味しいからです。ところがアマゴは、1度卵を産むと死んでしまい、産卵数もニジマスの3分の1程度。そこで、ニジマスの一種であるホウライマスのメスに、アマゴのオスを掛け合わせたのが絹姫サーモンです」

「絹姫サーモン」は、いわゆるバイオテクノロジー食品。野菜の品種改良のようなもので、遺伝子組み換え食品ではありません。しかし、自然界に放出されてしまうと生態系を壊してしまうので、卵をつくらない染色体操作が行われています。

そのため、水産庁が特性評価第1号として認定し、安全性を保証しているにもかかわらず、「これは自然の冒涜だよね」と心ない言葉を耳にすることもあったそうです。

それでも飲食店の営業終了後の夜中に、料理長が集まる会合などに出向いて「絹姫サーモン」のプレゼンを行い、開発秘話や安全性、味の特徴などをPRして歩いたといいます。

米花さんの魚づくりへの情熱が伝わったのでしょう。次第に「絹姫サーモン」を使ってくれるお店が増えていきました。

最初から“できない”と言ってしまったら、何もできない

「絹姫サーモン」は、受精させた卵のうち7%程しか商品として出荷できず、生産効率がいいとは言えません。それでもつくり続けるのは、「美味しいと言って食べてくださるお客様の評価に真摯に応えたいから」。

そして「開発したオンリーワンの魚が、設楽町や奥三河全体の特産物になってくれればありがたいし、未来の若い世代が、第2、第3の絹姫サーモンとして、新しい魚をつくったり、新しい付加価値を生み出したりできるようにレールを引いておいてあげたい」と、米花さんはいいます。

設楽町の人口は4,800人ほど。組合は従業員30人程度の小さな組織です。しかし、だからこそ豊かな自然の恵みを活かすことができました。組合の「宇連養魚場」は生活排水には一切無縁の自然環境にあります。

「新しい価値が、こんな小さな町からでも生み出せるということを若い世代に知ってほしい」と米花さん。

「最初から“できない”と言ってしまったら、何もできない。“できない”というのは簡単ですが、そこで人間の思考は止まってしまう。常にどうしたらできるかな、こういう魚をつくったら売れるんじゃないかな、こんな人が喜んでくれんじゃないかなという事をイメージしながら仕事をすることが大切です」

「足りない技術は、調べればいい」。米花さん自身も、様々な文献にあたり、大学の研究者を紹介してもらって話を聞き、足りない点を補ってきました。その積み重ねで今の自分があるといいます。

米花さんは、自分が情熱を注ぐ「魚づくり」の価値を信じているからこそ、諦めずに続けられるのかもしれません。米花さんの仕事に対する姿勢から、モチベーションを高める秘訣を学びましょう。

本企画は「あいちの山里関係人口創出事業(愛知県より株式会社CBCクリエイションに業務委託)」による募集となります

体験スケジュールおよび内容

時間行程体験内容
10:15 集合道の駅したら集合 
①宇連養殖場へ移動(12月・1月)
②淡水養殖漁業協同組合へ移動(2月・3月)
10:45オリエンテーションはじめに
・スケジュールの説明/参加者の自己紹介
11:30仕事の説明愛知県淡水養殖漁業協同組合について
組合について/養殖魚の生産方法について説明
12:00昼食①ペンションミルク
②設楽観光ヤナ 八雲苑
※昼食代1000円程度をご用意ください。
13:00養殖体験魚を育てる漁業(養殖)の生産過程を知る
①餌付け体験
②採卵体験
16:00働き方の話養殖のサステナブル[絹姫サーモンの開発秘話を聞く]
・米花常務が養殖漁業発展のために取り組まれてきたこと
・養殖業を取り巻く現状について
17:001日目終了!道の駅したらまで送迎→解散

*当日の状況によりスケジュールは前後いたします。ご了承下さい。
おすすめの行き方 ※東京発の場合
6:27 東京駅発 ひかり631号 → 7:58 豊橋駅着
8:11 豊橋駅発 飯田線 → 9:23 本長篠駅着
9:32 本長篠駅発 豊鉄バス田口新城線 → 10:04 田内
田内バス停から徒歩5分

開催概要

定員: 4名 (最少催行人数: 3名以上)

最少催行人数について

時間: 10:15〜17:00 6時間45分

締切: 催行日7日前締切

場所: 道の駅したら
愛知県北設楽郡設楽町清崎字中田17番地7
https://www.kankoshitara.jp/michinoekishitara/

地図を表示
開催日程:
<<
2021年12月
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-
空席あり
リクエスト予約
キャンセル待ち
×
受付終了
※「リクエスト予約可能」は、実施先の確認連絡をもって予約の確定となります。
申込人数:
参加料金:5,000円 + 消費税:500円 = 合計金額:5,500円
興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP