日程固定旅行
7月31日(日)開催
募集終了まで残り 13

130年続く老舗和菓子屋で、「地域に愛される店を、ながく続ける」生き方に触れる
- 和菓子職人になる旅 -

開催日程:
申込人数:
参加料金:2,980円 + 消費税:298円 = 合計金額:3,278円
興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

旅で得られること

伝統の知恵に学び、枠を超えていくチカラ

学びのロードマップ

  1. 和菓子作りの様子を見学する
  2. 和菓子作りを体験する
  3. この土地ならではの和菓子の歴史や特徴を学ぶ

旅のホストと仕事ガイド

溝口梅華堂

富山県南砺市城端にある、明治 23(1890)年創業の老舗和菓子屋。「あんころ餅」や「廓龍山もなか」など、城端の歴史と文化を感じさせる四季折々の和菓子を提供しています。和菓子は、7代目・溝口英伸さんが一つひとつ手作りしたもの。ここでしか味わえない和菓子をもとめて、かつては早朝の2時からお店の前に行列ができたこともあったという、地域で愛される店です。

溝口梅華堂Facebookページ
日々めまぐるしく移り変わる社会のなかで、わたしたちも「変わっていくこと」や、「新しい価値を生み出すこと」を求められます。

そんな、「変わってゆくこと」「新しいこと」をよしとする価値観とはちょっとちがう、「変わらないことを続ける」という生き方のヒントが、この和菓子屋にはありました。

富山県南砺市城端(なんとし・じょうはな)という地域には、「真夏に大量に生菓子を食べる」という、ちょっと変わった食文化があります。

ユネスコ無形文化遺産に登録された曳山祭りのひとつである「城端曳山祭(じょうはなひきやままつり)」の際には、「ビールのおともに、あんころ餅」なのだというから、ちょっと驚きです。


そんなユニークな食文化を支えるのが、「溝口梅華堂」。明治 23(1890)年創業の、約130年あまり続く老舗和菓子屋です。看板商品である「あんころ餅」や、善徳寺を象った「廓龍山もなか」など、城端の伝統と文化を感じさせる四季折々の和菓子を作っています。

冠婚葬祭の際やお盆の時期には、なんと早朝の2時からお店の前に行列ができることもあったそう! そんな、地域の人々から愛される店が、今回の仕事旅行の舞台です。
続きを見る

変わらないものをつくるために、変わらなきゃいけない

溝口梅華堂の7代目・溝口英伸(みぞぐち・ひでのぶ)さんは、「変わらない味を作ることにこだわってきた」といいます。

「うちは定番しかつくってないんです。今って、Youtubeを見ればお菓子作りのこと、たくさん発信されてるでしょ。それを見て、僕もあたらしい技術を知って、すごいなぁと思うんですけどね。僕は和菓子の基本に忠実に、昔と変わらない味を保ち続けることを大事にしてるんです。」

お菓子作りをして40年以上の溝口さん。かつては鼻歌まじりにお菓子を作っていたような時代もあったそうですが、実は最近になって、「お菓子作りが怖いと思うようになってきた」と打ち明けてくれました。

「毎日同じ味を続けていくことって、本当にむずかしいんですよ。日々、温度も湿度も変わるし、素材の状態も変わるわけでしょ。1日として同じ日はないわけです。だから、同じ味を続けていくには、やることを変えていかなきゃいけない。でも、それがうまくいくとは限らないでしょ。ちょっとでも味が変わったら、『なんか変わったよね』って、お客さんにバレちゃう。今はお店を背負ってるっていう責任もあるから、怖いですよね。」

きっと城端の人々にとって、溝口梅華堂のあんころ餅は、口に入れたら子どもの頃の情景が思い浮かぶようななつかしい味。だからこそ、その味を守り続ける責任を、溝口さんは感じているようです。でも、怖さを乗り越えた先に、かけがえのない喜びもあるようで。

「ほんと、何年かに一回、心から『いいお菓子ができたなぁ』って思える瞬間があるんですよ。そういうときは、お菓子がこう、ピカーって輝いて見えるんです。『あぁ、お店に出すのもったいないなぁ』って思うくらい、自分でも眺めちゃいますね(笑)。」

変わらないことを続けること。
変わらないために、自らが変わり続けること。
「変わること」を求められる社会のなかで息苦しさを感じている人にとって、溝口さんの働き方は、今後のキャリアを考えるヒントになるはずです。

和菓子作りや店主の話から、価値観に触れる

「溝口梅華堂」の仕事旅行では、はじめにこのお店の和菓子について説明を受けたあと、実際に和菓子作りの現場を見学します。そのあと、和菓子作りを実際に体験。指導付きなので、その難しさや楽しさを感じることができるはずです。

そのあと、城端地域と溝口梅華堂の変遷の歴史や、和菓子と洋菓子の違い、地域での商売の仕方など、溝口さんから話を聞き、地域と和菓子の関係や、愛されるお店を作ることについて学んでいきます。

和菓子作りに興味がある方はもちろん、地域に愛されるお店をつくってみたいと考えている方、「変わらないこと」を大切にする溝口さんの生き方に共感した方にとっては、またとない機会になるはずですよ。

歴史を感じる、城端の風景

溝口梅華堂は、この善徳寺の目の前にあります。

歴史的な建造物が多く残る城端の街並み。

こんな風情のある銭湯も。

変わらないことが価値なのかもしれません。

スケジュール

時間行程体験内容
13:00 溝口梅華堂 集合
13:00オリエンテーション1)自己紹介(参加目的など)
2)体験の流れ説明/注意事項説明
13:15仕事の見学1)調理場内見学
13:30仕事の体験1)和菓子作りの体験(指導付き)
14:30働き方の対話(お菓子を食べつつ)1)城端地域と溝口梅華堂の変遷
2)和菓子と洋菓子の違い
3)地域で商売する特徴(催事対応など)
4)城端の和菓子/全国の和菓子の違い
15:00旅のまとめ1)体験の感想・講評
2)質疑応答
15:30溝口梅華堂 解散

開催概要

定員: 3名

最少催行人数について

時間: 13:00〜15:30 2時間30分

締切: 催行日10日前締切

場所: 富山県南砺市城端483-1

地図を表示
開催日程:
<<
2022年7月
1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
×
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
残り3席
空席あり
リクエスト予約
キャンセル待ち
×
受付終了
※「リクエスト予約可能」は、実施先の確認連絡をもって予約の確定となります。
申込人数:
参加料金:2,980円 + 消費税:298円 = 合計金額:3,278円
興味がある
開催希望日リクエスト
【興味があるボタンをクリックすると】
日程未定の旅は日程が決まり次第、キャンセル待ちの旅は空きが出来次第、メールにてご案内が届きます。
※ 興味があるボタンをクリックするには会員登録が必要です。

友達にシェアしよう!

このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

●予約について:

「日程フリー旅行」の場合は、申込時に記入いただいた開催候補日を元に旅先が日程を承認した時点で予約(日程確定)が完了致します。
「日程固定旅行」の場合は、申込完了と同時に予約(日程確定)が完了します。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「旅の種類とお支払のタイミングについて

●キャンセルポリシーについて:

予約(ご入金)後のキャンセルについては下記のURLの通りとなっております。
詳しくは下記のURLをご参照ください。
⇒「キャンセル料について

●日程変更について

大変申し訳ございませんが、日程変更はお受けすることができません。一度ご予約をキャンセルいただき、再度別の日程でお申込みください。
※キャンセルについては、キャンセル料金が発生する場合がございます。

●最小催行人数について:

「最小催行人数」が設定されいている旅については、実施日10日前までに設定人数が集まらなかった場合、全額返金または次回の日程での調整とさせていただきます。
上記の場合、弊社よりメールまたはお電話にてご連絡させていただきます。

●個人情報の取り扱いについて:

予約時にお知らせいただく個人情報の取り扱いにつきましては「個人情報保護方針」をご参照ください。

●旅先との約束について:

旅先は全て実際の職場です。円滑な旅を実施するために、旅の当日に旅先とお約束していただく事項がございます。
約束の内容につきましては「誓約書」をご参照ください。

●予約時について:

旅人に合わせて、特別な旅をお届けしたいためお申込み時に「旅先に聞きたいこと」「体験したいこと」をご記入下さい。

●保険について:

旅費には日帰り総合旅行保険代金が含まれております。

●食費・交通費等について:

旅費には当日の食費・交通費等の費用は含まれておりません。

Follow Me!


PAGE TOP