小早川武史

小早川武史

人口約1100人の愛知県で最も小さな村豊根村。2012年、村民の1人であった熊谷仁志さんが「豊根の綺麗な清流で魚が育てられるのではないか」と思いチョウザメ養殖を開始しました。そんななか、小早川武史さんは地域おこし協力隊をきっかけに豊根村へ移住しチョウザメの養殖に携わっています。

小早川武史の仕事

Follow Me!


PAGE TOP