2021年09月01日更新

【仕事旅行SDGs】職場での会話は"手話"。人気のスープカフェ「Sign with Me」で音に頼らず働いてみる

東京大学のある本郷。その一角にあるSign with Meは、10種類以上の豊富なスープとスイーツが学生やOLに人気のスープカフェです。

このお店がほかのカフェやレストランと少し違うのは、「公用語が手話」というところ。聴覚障害を持つスタッフのみで運営されているお店なのです。

スタッフは全員、手話ができます。手話ができないお客さんは、壁全体に広がるホワイトボードを使って、スタッフと筆談でやりとりします。

オーナーの柳匡裕さんは、ご自身も聴覚障害を持つろう者。

グラフィックデザイナーや車両研究開発などの仕事に携わる中で、障がい者が仕事をすることへの厳しい現実に直面したことから、「ろう者が自分らしく働くことができ、気軽に交流できるスペースをつくりたい!」との思いがふくらんだ柳さん。



2011年に、手話カフェとして親しまれるお店が誕生しました。

この仕事旅行では、「音声に頼らず働く」ことを体験します(手話が出来ない方でも、筆記とボディーランゲージを活用して参加いただけます)。

資金、ノウハウ、人脈など無いないづくしだった柳さんが、なぜ開業を決意し、10年以上もお店を続けてきたのか、そのストーリーをうかがうこともできます。レクチャーは、資料を見せていただきながら、PC上での筆談を交えて進みます。

音に頼らない世界でコミュニケーションを行い、仕事をする体験は、これまでにない気づきをもたらすでしょう。「伝える」ことがどれほど難しく、また素晴らしいことであるかが実感できると思います。

あらゆる人が自尊心を持って働ける社会とは、どういうものなのかを考えるきっかけになるかもしれません。

募集詳細:声や音を使わず働いてみると気づきがある。手話カフェで「伝わる」ことの難しさとよろこびを知る

仕事旅行ニュウス: 2021年09月01日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

自宅で仕事旅行!

いろんな仕事のストーリーに感動し、ノウハウも学べる
【ONLINE開催】質問は人生を変える? カードを使ったコーチングの秘技
【ONLINE開催】彼女はなぜ20代で油屋「ablabo.」を営み始めたのか? うっとりするほど綺麗で美味しい植物油の魅力
はたらき方の「どこでもドア」。仕事旅行ONLINEはコチラから

Follow Me!


PAGE TOP