2021年06月07日更新

意識も自己肯定感も高くはない。そんな人がパラレルワークを始めるには?【イチオシ!のONLINE仕事旅行】

この旅のホスト・松岡永里子さんは、「専業禁止!!」で有名なエンファクトリーに勤務。

同社で働きながら、知人が開設したバルーン通販サイトのコンテンツ制作やディレクション業務など、マーケティング周辺の仕事や、個人向けのキャリアアドバイスなどの複業に携わっています。

これまで広告代理店、ディベロッパー、そして現在のベンチャー企業(エンファクトリー)までを渡り歩いてきました。

経歴はバリバリのキャリア志向に見えますが、さにあらず。

「最初に入った広告代理店で営業の仕事をしていた頃は、働くことに不適格な人間ではないか、すごく悩みました。給料はほんとうに我慢料という意識だった」と話すように、自己肯定感はやや低め。

「(エンファクトリー入社をきっかけに)複業をやらなきゃまずいと思い、周囲に声をかけたら、知人から『ぜひ手伝って』と言われて始めました」

いまではいくつかの複業を掛け持ちしていますが、これも自分から手をあげて積極的に始めたというわけではないとか。意識高くない系でありつつも、気がついたらパラレルワーカーになっている自然体が魅力です。

この仕事旅行では、松岡さんが現在の仕事に就くまでの経験を元に、パラレルワークのノウハウを学びます。初心者向けの内容です。

仕事はどうやって見つけるの? 何から始めたら良いの? 専門性がないのだけれど?などなどの疑問から現状のリアルについてまで、ざっくばらんに話してくださるでしょう。

「パラレルワークの始め方」ワークも実施。あなたの持つ繋がりや経験を振り返り、パラレルキャリアを始める方法を考えましょう。

★【ONLINE開催】意識高くない系パラレルワーカーと、パラレルキャリアを実現しよう。


松岡永里子さんのプロフィール(自己紹介)

「キャリアデザイナー」という肩書は、キャリアのきっかけづくりを意味した造語です。

※ 営業であり、ディレクターでもあり、広報でもあり……
と私自身の職種が不明なのがコンプレックス。かっこうつけて肩書を考えてみました。

社会人生活は、いまのところ大手企業とベンチャー企業が半々。
暗黒時代を経て、企業で働き、複業をしていくうちに
働く楽しさに気づき、「キャリア」に興味をもちました。

働くことは、生きることの多くに影響をもたらします。
正しい知識と自分のこれまでの経験を踏まえ
すこしでも健やかに日々を生きる人が増えるように
きっかけづくりをお手伝いできればと思います!

■暗黒の広告代理店時代:法人営業

第一志望の業界、行きたかった会社に運よく新卒入社。
キラキラと働く理想と、現実のギャップに打ちひしがれ
「働くのは、向いていないのではないか」と毎日のように泣く日々。
上手く振舞えず、自分の強みが分からず、人と比べてばかりでした。
週1でライブに行きストレスを発散していました。

■自信をとりもどすディベロッパー時代:マーケティング

「とりあえず新卒から3年は続ける」をクリアして
逃げるように飛び込んだ異業種・異職種。
オフィスビルのマーケティング業務を中心に
自分の働きが認められる喜びを感じ、すこしずつ自信を取り戻します。

■ご縁が重なり、エンファクトリーへ:営業/広報/ディレクター/複業

オウンドメディアの運営や専門家コンテンツ制作に携わり、フリーランスの方と働いたり
クライアントの役に立てる楽しさを知りました。
エンファクトリー2年目から複業を始め、自ら「越境」の効果メリットを体感。
2020年1月より「副業特区」「Teamlancerエンタープライズ」「複業留学」のセールス・マーケティングを担当しています。

■複業:hogaraka

バルーンギフトサイト「BalloonKitchen」のマーケティング支援
地元塾のマーケティング支援

仕事旅行ニュウス: 2021年06月07日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
人生の節目に忘れられない“体験”を。一生モノの指輪と思い出をつくる。
漁は戦だ!ガッツと負けん気と、日々の努力で、一国一城の漁師になる。

Follow Me!


PAGE TOP