2021年06月25日更新

動坂食堂。隣にあったら毎日でも通いたいー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.31

作家の森まゆみさんによる連載です。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に”ずーっとあるお店”にふらりと立ち寄っては、店主やそこで働く人にインタビュー。今回は隣にあったら毎日でも通いたい! 動坂食堂へ。(編集部)

ありとあらゆる人がいる。動坂食堂の歴史


山手線田端駅から徒歩7、8分、動坂の交差点にある町の食堂。明るい店内の壁際にはたくさんの品書きが短冊に書いて貼ってある。刺身も煮魚も野菜炒めも生姜焼きもとんかつも、みんなご飯と漬物と味噌汁付きの定食にできる。

隣のビルに我が弟のやっている歯科医院があり、同じビルの5階に92歳の母が住んでいる。訪ねて一緒にここの食堂に行くのが楽しみ。母はイワシの刺身が好きなので、新鮮なイワシが入るとお店の人が電話をくださり、いそいそと取りに行くという。動坂食堂は一人暮らしの私の母の見守りもしてくださっている感じだ。



相変わらずのお客さん。隅にはすでにビール瓶を2本立てている男性。新聞を読むおじいさん、女性一人客、作業員グループ、背広姿の会社員、携帯をいじっている学生さん、ありとあらゆる人がいる。

三代目の天野篤子さんに、お店の歴史をうかがう。創業は戦争直後の昭和20年。

「私の祖父の吉田左五郎が戦争直後にはじめました。新潟の出身で、北海道の缶詰工場で働いたりした。戦後すぐ、東京に移り住んで、最初はさつまいもを太い針金に通して、壺に吊るして焼いて、売っていました。

そのあと、アイスキャンデー屋をやったり、焼きそば屋、お惣菜屋をやったり。その頃はバラック建てでした。おばあちゃんのスギさんは、四国の人でね。

左五郎の息子が私の父の健次ですが、ミンダナオ島で戦死しちゃったの。タイヤメーカーに勤めていましたが。私は同じ昭和20年の生まれ、父の顔は知りません。子供が3人もいて、志願で行かなくてもいいのに。

でもそういう時代だったんでしょうねえ。向丘の大林寺にお墓があります。私は疎開先の福島で生まれて、4歳の時に兄や姉と千駄木に来ました」



——じゃあ、お母さんは戦争未亡人でご苦労なさりながら、左五郎さんを手伝ってらしたのですか。

「そうです。母のシゲ子は大正12年の生まれで、東京に戻って祖父の仕事を手伝うようになりました。祖父は、私が小学生のころに亡くなりましたが、その後を母が継いで。

そのうち、父の弟の吉田孝吉が進駐軍のコックをやめて店に入ってくれたんです。うちは料理は男の人、フロアは女の人の分担ですね。孝吉さんが店に入ってから、母は中野で一杯飲み屋をはじめて、58歳で亡くなりました」

——シゲ子さん、孝吉さんが頑張られた後、篤子さんが継がれたんですね。

「私も高校を卒業するちょっと前から、少しずつ店を手伝うようになりました。35年ほど前に叔父の孝吉さんも亡くなって、私たち夫婦が継ぐことになったんです。

主人は天野國男、昭和12年生まれ。主人のお父さんは菊坂で大工、お兄さんは家具職人をしていました。当時、隣にあった岡田美容室の裏の二階建てのアパートに先輩が住んでいて、そこに主人が遊びに来て知り合ったんです。

動坂食堂はその頃、バラックでほんと汚くてね(笑)。先輩は平気で食べに来てくれてたんですけど、神経質なうちの主人は「あんな店には行かない」と言ってたらしいんです。それが私と一緒になったので(笑)。

もともとは文具メーカーに勤めていたんですが、そちらを辞めて、調理師免許を取って店に入ることになった。お給料も4万5000円もらっていたのが、うちに来たら1万8000円になっちゃったの。

会社からは、辞められては困ると言われていたんですけど。主人は1年くらい前まで、洗い場なども手伝ってくれたんですけど、この3月に83歳で亡くなりました」

——それは大変な時にお邪魔してしまいました……。

「いえいえ。今はたしかにちょっと寂しいところです。でも仕事はしなけりゃなりませんから、寂しがってばかりも入られませんね。幸せなことに孫が6人、ひ孫は8人いて、近々もうひとり増えますしね」



8割が常連さん。1日に二度見えるお客さまも


篤子さんが常連さんに呼ばれ、お話は四代目、次女の砂織さんにバトンタッチ。

「学生の頃から、忙しいときは手伝っていたんですけどね。短大を出て、証券会社に勤めたんですが、辞めて習い事でもしようかなあと思ってた矢先、お店も手伝ってみれば、ということでそのまま……。だんだん私が継ぐしかないかなあ、という感じになりました。

朝は10時に店を開けます。一日三度来られる方はいませんが、二度見えるお客さまはいますね。8割が常連さんです。動坂食堂と名乗り、今のようなメニューになってからでも、もう60年以上はたっていますね。

この1年は、どこもそうでしょうが、コロナで大変でした。最初の緊急事態宣言の時、ゴールデンウィークだけ一週間、お休みしましたけど、あとはずっと開けています。もともとは夜の10時まで営業していたんですが、今は9時までになりました(*2021年3月末の取材時時点)」

——本当に町の住民においしいご飯を提供してくださるエッセンシャルワークだと思います。嫌なお客さんていますか。

「酒癖が悪かったり、言うこときかない人ですかね(笑)。よそで飲んで酔っ払ってきて、隣の人に話しかけるとか。いくら注意してもやめない。うちは食堂なんで、そんなにお酒を飲むなら居酒屋に行ってちょうだいと言いたくなるときもあります(笑)。ま、めったにいませんが。

好きなお客さん? 若くてイケメンな子が好きですね(笑)。うそですよ。会話の弾むお客さまとは、接客していてほんと楽しいです。学生は東大の学生さんが多いですね」

——人気のメニューはなんですか。

「一番人気はミックスフライかな。海老フライ、白身魚のフライ、ヒレカツ、ホタテのフライなど。生姜焼きも人気ありますね。豚汁も。サバとかサンマは大体いつでもあります。

とくにお刺身や煮魚などは、仕入れに行ってみないとわからないんですけど、メニューはそんなに変わらないですね」



――こんなにたくさんの品数を出すのは、大変じゃないですか。

「ひとりなら、ここまでは難しいと思うんですけど、人数がいるのでね。今は、母と私、娘の莉菜の三代で、フロアは回しています。

調理は私の主人と姉の旦那、娘の旦那、姉の息子と男性4人。夜の洗い場だけ、もう20年働いてくださっているパートさんにお願いしていますが、家族経営そのものです」

――定食屋さんって、女性にも人気がありますよね。

「24年前に建て直すまでは、お客さまはほぼ男性でした。今は明るくなって入りやすくなったせいか、女性のお客さまが増えました。

平日は会社員、土曜は家族連れが多いですね。日曜祭日はお休みです。両親が、平日を休みにすると子供と休みが合わなくなっちゃうからと、ずっと日曜祭日休みでやってきたんです」

お話を聞き終わって、ビールを注文。一番人気のミックスフライを同行の編集者と分けた。自宅では揚げ物をしないので、つい揚げ物を頼みたくなる。

豚汁も頼むと、大きな人参、ごぼう、大根が入ってボリュームたっぷり。そこへ「旬のものですから」と筍とふきの煮物を差し入れてくれた。こちらも絶品。今日は桜も散りかけて、蒸し暑い。冷たいビールが喉にしみる。



各テーブルの上には胡椒、ソース、醤油、塩と唐辛子などの調味料。壁のメニューをつらつら眺めていると、刺身や煮魚、ゴーヤチャンプルーなどにも未練が残る。

——家族経営で喧嘩はないですか。

「ありますよ。そんなのはしょっちゅう。たとえば、自分の思っているやり方と他の人のやり方がぶつかるとか。家族だから言いやすいっていうのはありますよね。でもぶつかっても後に残らないのも、家族だからでしょうか」

店の男性陣にも、家族で仲良く仕事するコツを聞いてみる。根本和明さんが調理場から出てきてくれた。

「やっぱり、みんなで話をしながら仕事できているからでしょうか。意外と言いたいことは言い合えているので、大きな衝突にならないのかもしれないですね」

レジのところに「来る人も 又来る人も 福の神」と木彫りの額があった。



取材・文:森まゆみ

当連載のバックナンバー

森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.1ー創業67年。町中華の「オトメ」はだれでもふつうに扱ってくれるー
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.2ーモンデール元駐日米大使も通った根津のたいやき
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.3ー甘味処「芋甚」は根津にはなくてはならない、お守りみたいな店である
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.4ー若い二人が引き継いだ「BAR 天井桟敷の人々」には悲喜こもごもの物語がある
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.5ー中華料理「BIKA(美華)」のご主人がポツリと話す根津宮永町の昔話
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.6ー鉄道員から役者、そして寿司屋へ。すし乃池の大将の人生には花と町がある
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.7ー5代続く骨董店「大久保美術」の心やさしい、ゆとりのある家族経営
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.8ー三崎坂のとば口にある朝日湯は谷根千に残る貴重な銭湯ー
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.9ー谷中銀座の貝屋さん「丸初福島商店」は素通りできないご近所の店
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.10ー創業元治元年。江戸千代紙の「いせ辰」を訪ねると暗い気分も明るくなる
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.11ー谷中のちいさな宿「澤の屋」に年間5000人以上の外国人が泊まる理由
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.12ーいい酒と人柄のよい店主。根津「サワノ酒店」はとびきり好きなお店だ
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.13ーあられ・せんべい「嵯峨の家」のいつもニコニコお兄さんー
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.14ー谷中・桜木に一軒残る藤屋の豆腐は正直な手作りの味ー
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.15ー谷中銀座の金吉園には、お茶のすべてを知る朗らかな茶師がいる
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.16ー大澤鼈甲のお店には、昔ながらの工房とモダンなショールームが同居している
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.17ー創業290年。畳屋クマイ商店の仕事には職人の意地がある
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.18ー日本画の大家たちも訪れた画材店「金開堂」。岩絵具の奥ゆかしさに惹かれてー
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.19ー大島屋はブームに関係なく淡々とお店を続ける町の蕎麦屋さんだ
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.20ー牧野兄弟商会オーナー・文蘭さんの「泣いてる場合じゃない」半生
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.21ー生きていくうえで必要そうな雑貨を広く浅く揃える。「あんぱちや」は根津の太陽だ
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.22ー焼き鳥屋「鳥清」の味は三代の店主とお客さんに受け継がれている
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.23ー「やりたくない仕事はやれない人」になってしまった富永喜三さんが味噌商を継いだ理由
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.24ーパリの味、東京の味。ストレルの洋菓子は谷根千の味でもある
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.25ー戸田文具店の正子さんは、旦那さんと猫たちと本当によく働いた
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.26ー昔ながらの八百屋さん、金杉青果店には買い物が楽しくなる遊び心がある
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.27ー飴作りは親父にも教えてもらわなかった。後藤の飴・三代目の心意気
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.28ー「カフェさおとめ」のある動坂下には、今もおっとりした風情がある
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.29ーいつもネクタイに白衣のご主人。よみせ通りの宝家は地元に愛される大阪寿司のお店
森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol30ー鰻と一緒においしい地酒が楽しめる。稲毛屋に漂う三代目の心意気

Profile:もり・まゆみ 1954年、文京区動坂に生まれる。作家。早稲田大学政経学部卒業。1984年に地域雑誌『谷中・根津・千駄木』を創刊、2009年の終刊まで編集人をつとめた。このエリアの頭文字をとった「谷根千」という呼び方は、この雑誌から広まったものである。雑誌『谷根千』を終えたあとは、街で若い人と遊んでいる。時々「さすらいのママ」として地域内でバーを開くことも。著書に『鷗外の坂』『子規の音』『お隣りのイスラーム』『「五足の靴」をゆく--明治の修学旅行』『東京老舗ごはん』ほか多数。

谷中・根津・千駄木に住みあうことの楽しさと責任をわけあい町の問題を考えていくサイト「谷根千ねっと」はコチラ→ http://www.yanesen.net/
連載もの: 2021年06月25日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

自宅で仕事旅行!

いろんな仕事のストーリーに感動し、ノウハウも学べる

Follow Me!


PAGE TOP