おためし転職について
「人生100年」と言われる時代。給料だけじゃなく、出世でもなく、本当にやりたいことを仕事にしようと職探しをすることも当たり前の時代に。
とはいえ、一度就職した後に転職となるとハードルがあるのもまた事実。どうやればやりたい仕事に出会えるのか分からないという声もよく聞きます。
仕事旅行はそういった方々に「新たな仕事との出会いの場」をご提供したい。まずはおためし転職として仕事を体験してみることで、自分を活かせる仕事なら転職への道が拓けます。本当に"やりたい“仕事との出会いは「おためし転職」から。

特徴

職業体験(おためし転職)から始める転職
職業体験(おためし転職)から始める転職
HPで伝えられる仕事の魅力はごく一部。一緒に働く仲間、職場の環境、仕事の醍醐味。百聞は一見に如かず。職業体験で仕事の「やりがい」を体感しよう。
社長の想いに直に触れる
社長の想いに直に触れる
おためし転職期間のどこかに社長や経営層との交流を設定。彼、彼女たちの描く未来とは、会社の在り方とは、仕事に対する想いを直接聞いてみよう。
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でも参加しやすいように、多くのおためし転職は1日のみ。それ以外でもおためし転職回数・日程は選択可。現職を離れる前に、小さな一歩を踏み出そう。

サービスの流れ

まずは会員登録。登録・おためし転職への参加は無料
参加するには会員登録が必要です。サイト上部の新規登録ページより必要情報をご記入、個人アカウントを作成の上、希望する職場にお申し込みをしてください。
書類審査→職場とのやり取りをへて体験日時決定
書類審査に通過すると、職場からレスポンスがあります。仕事旅行のマイページ内で先方とやり取りをしながら、スケジュールなどの詳細を調整してください。
おためし転職実施。期間や頻度は相談可能。
希望する職場でのおためし転職に参加します。参加日数はおためし転職先と交渉可能です。
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職について
募集職種:地域おこし協力隊員  山形県大江町・山里交流館やまさぁーべ  山形

本気で“遊び”“楽しむ”ことが、子どもたちの学びの種になる。自然の魅力を伝えるネイチャーガイドの仕事【体験のみもOK】

企業情報

山形県大江町・山里交流館やまさぁーべ

大江町は、山形県のほぼ中央に位置する人口約8千人の町です。豊かな自然に恵まれ、さくらんぼ・すもも・りんごなどの果物が自慢。

【 山里交流館やまさぁーべ 】
「エコツーリズムによる“自然再生”と“地域振興”」を目標に、廃校となった小学校をリノベーションして作られた宿泊・体験施設です。運営は、地元の有志が集まってできた「NPO法人さわらび会」。山形弁で「山に行こう」を意味する施設名の通り、自然の中の様々なアクティビティや田舎の文化体験プログラムを提供しています。また、教室や体育館はレンタルスペース、校長室や保健室は宿泊部屋としても利用可能となっており、県内外より年間1000名以上の方が訪れます。

(2022年6月に、館長 佐々木さん著書の「本気で遊ぶ大人に子どもはついていく: 自然は未来を育てる学びの場」が出版されました!)
地図を表示

こんな人と一緒に働きたい

・山形に移り住み、地域を盛り上げることに興味のある方。

・小学生を中心とする子供たちと自然の中で遊ぶことがメインの仕事になるので、
自然が好きで、人前で明るくお話ができる方。

・山や川を歩いたり、有機農法による農作業、里山の生き物のすみかを整備する仕事もあるので、
ある程度の体力がある方。

仕事内容

ネイチャーガイドの基礎や伝え方のポイントを3泊4日でじっくり学ぶ

ここは、山形県のちょうど中央に位置する大江町の山奥、七軒地区。

集落には、豊かな森や川、田畑があり、各家庭では凍み餅やつぶあぶらづくりなど、昔ながらの雪国文化や生活が息づいています。そんな七軒の里山環境を守りながら、自然と暮らしを体験してもらおうと2015年に誕生したのが、『大江町山里交流館 やまさぁーべ』です。

当館で人気ナンバー1の体験プログラムは「リバートレッキング」。一歩一歩川底や水の冷たさを感じながら進んでいくと、急流や飛び込みポイントが出現します。「助けてー!」「無理!」と絶叫しながらも、満面の笑顔で挑戦していく子どもたち。最後には「楽勝だったー」なんて言いながら、やり切った表情を見せてくれる子も。

夜の自然観察会では、「しっ! 絶対動かないで!」と言うと、子どもたちは固唾を飲んで、モモンガの出入り口を見つめます。心臓の鼓動が聞こえてくるぐらいの緊張感の中、「出たっ!」。その瞬間、ざっと滑空! 空には、座布団ほどの大きさの皮膜が広がります。

「大人が本気で遊ぶから、子どもも本気で遊んでくれる」そう話すのは、ネイチャーガイド兼、やまさぁーべ館長の佐々木隆馬(りゅうま)さん。

「子どもたちに“全身で目の前の自然を感じてもらう”」そんな体験を生み出しています。

この旅では、館長 佐々木さんのもとでネイチャーガイドのインターンを3泊4日で体験。前半は、仕事の詳しい内容や、ガイド歴17年の中で培ってきたノウハウ・テクニックを座学&体験を通してたっぷり学んでいただきます。後半は、いよいよ子どもたちの前でミニレクチャーや安全サポートに挑戦! 前半での学びや実感を元に、自然の魅力を伝えてみましょう。

日々移り変わる自然を舞台に、偶然性の中でしか得られない発見があるかもしれません。ぜひ、教室や都市空間の中では出会えなかった「学びの種」に触れてみてください。

このおためし転職では、幅広い方に体験して欲しいとのことから、体験のみを希望される方の参加も歓迎しています!“子どもとの関わり方”、“伝え方”や“学び”について、既存の方法以外の視点やヒントが欲しい。そんな方にもオススメです。

求人としては、地域おこし協力隊として、2023年の募集を予定中。そのため、ゆくゆくは仕事としてネイチャーガイドに興味があるという方、適性を確かめたいという方のためのファーストステップとして体験いただきたいと思っています。

ガイドというと、専門の知識がないと飛び込むのは難しいと思っている方も多いかもしれませんが、自然や子どもが好きな方であれば、未経験でも問題ありません。佐々木さんのもとで、学びながら少しずつネイチャーガイドとしての力を養っていただきます。

仕事内容は、プログラムの“企画”と“実施”。そして、自然環境の保全

佐々木さんや、『やまさぁーべ』スタッフの方を見ていると、何だかみんな “子どもたち以上” に楽しそう。川遊びでは、子どもたちに向かっていきなり水をバッシャーンとかけたり、自然観察会では、どんなに大事な話をしていても、目の前に珍しい鳥が飛んできたら「おおーっ!」と、誰よりも興奮。話を一旦中断して、すぐにその鳥の話にチェンジ! なんてことも。

プログラム中、そんな彼らの姿に驚く方も多いかもしれません。

その理由について、佐々木さんは、ネイチャーガイドを「自然の通訳者」と表現しながら教えてくれました。

「主役は自然。我々は、言葉が喋れない自然のサポート役なんです。その上でどう魅力を伝えるか。僕たちは、ライブで実物が目の前に飛んできたらそっちを優先しないとダメだと思ってます。そして、常に “自分たちがまず本気で楽しんで、自然を前に真剣であること” を根底に置いています。自分たちが楽しくないと、子どもたちだって楽しくないじゃないですか」



『やまさぁーべ』での、ネイチャーガイドとしての仕事内容は、四季を通したさまざまな「自然体験プログラムの“企画立案”と“実施”」。そして、もう一つの大きな役目は「自然環境の保全」です。

スタッフは、七軒地区の森や川、田畑の開墾や管理などを通じて里山環境を整備しています。

一見すると美しい自然に恵まれ、子どもたちが喜ぶほど豊富な生き物たちと出会える羨ましい環境に感じますが、実は、それもここ数年で少しずつ再生されてきているからなのだそう。

『やまさぁーべ』では、里地里山の自然再生と地域振興を目標にしたツーリズムを行なっており(エコツーリズム)、夢は、50年後、100年後も蛍が飛ぶ環境にし続けること。そのために、地域おこし協力隊員の募集や関係人口の創出などを通じてこの地を盛り上げていきたいと考えています。

体験初日は、地元集落の中で結成した当館の運営団体「NPO法人 さわらび会」の方々との交流や地元農家さんへの訪問を通じて、里山保全に対する未来展望やリアルな現状などにも触れていただきます。エコツーリズムがもたらす循環関係を肌で感じてみてください。

自然体験を通じて“学びの種”が生まれる

年間のプログラムには、自然だけでなく、田舎の生活や文化も体験して欲しいと、田植えや大豆づくりから始める「納豆ご飯をイチからつくれるか!?」や、鶏を〆るところから始める「命をいただく体験」など、大人でも経験したことがないような企画もあります。

野菜をつくる、動物を育てて食べるというのも、里山の暮らしの一部。子どもたちに本物の自然や食べ物の本来の姿を体験してもらうことがゆくゆくは、大きな学びの種につながると佐々木さんは話します。

探究場として際限のない自然を舞台に、子どもたちの好奇心が走り出すきっかけをつくり出している『やまさぁーべ 』。ここで、実際にその“種の正体”を感じながら、ぜひ子どもたちへの学びに対する考え方や仕事哲学について、佐々木さんに詳しく訊いてみてください。

この旅の肝は、まず現地であなたが素直に目の前の自然の魅力を感じること。その感覚を土台としながら、「伝えること」「学び」とはどういうことか、自然の中で子どもたちの表情が変わる瞬間を感じながら、じっくり探ってみませんか? もしかしたら、あなたが求めていたヒントがここで見つかるかもしれません。

佐々木さんから一言
「天職を探す道程にいる方、自分の可能性を確かめたい方なども歓迎です。まずは体験を通じて私たちの仕事内容や考え方、取り組み方を感じに来てください!その中で、何年後かに一緒に働きたいという方と出会えたら嬉しいですね。学生さんの参加もお待ちしています!」


催行日:
2022年 9月21日(水)〜 24日(土)/ 10月7日(金)〜 10日(月・祝)



〈大江町・地域おこし協力隊員の募集について〉
※ 活動内容・拠点先は、「山里交流館やまさぁーべ」以外でも募集の可能性があります。
 興味がある方には、現地で詳しく説明しますので応募時にお伝えください。

体験工程

【1日日】オリエンテーション、大江町・やまさぁーべを知る

 13:00 山形駅 集合 ※昼食は各自
  ・オリエンテーション(まちなか交流館 ATERAにて)

 〜やまさぁーべまで車移動〜
  ・大江町、七軒地区巡り
   「地元の方(さわらび会メンバー 他)や農家さんを訪問」
  ・食材の買い出し ※宿泊施設「やまさぁーべ」では自炊となります
           ※3泊4日分の食材費は主催側で負担します

 〜やまさぁーべ着〜
  ・施設•活動フィールドの案内

 18:00 夕食・交流会(佐々木館長、スタッフ、参加者にて)
  ・働き方、大切にしていること、暮らしについてなど

 やまさぁーべ泊 ※3泊4日分の宿泊費は主催側で負担します
【2日目】実践に向けての準備

  9:00 ガイダンス
  ・ネイチャーガイドの基本や心得について

  10:00 リバートレッキングの下見体験
  ・ポイントや注意点を踏まえながら、
   実践していただく説明ポイントを割り振ります。

 12:30 昼食

 14:00ワークショップ
  ・ネイチャーガイドの技術やポイントについて

 16:00夕食交流イベント
  「火起こしから始めるBBQ会」

 19:15ナイトウォークの下見体験
  ・ポイントや注意点を踏まえながら、
   実践していただく説明ポイントを割り振ります。

 やまさぁーべ泊
【3日目】ネイチャーガイド実践

 ネイチャーガイド実践①
  ・準備、子どもたちをお迎え
  ・リバートレッキング開始
   「安全面のサポート、ミニレクチャーに挑戦!」
  ・片付け

 12:30昼食

 やまさぁーべスタッフ体験
  「田畑の管理、宿泊準備など」

 夕食

 ネイチャーガイド実践②
  ・準備、子どもたちをお迎え
  ・ナイトウォーク開始
   「安全面のサポート、ミニレクチャーに挑戦!」
  ・片付け

 やまさぁーべスタッフ体験
  「夜のイベント、宿泊サポートなど」※宿泊客がいる場合のみ

 やまさぁーべ泊

※当日のお客さまのスケジュールに合わせるため、予定が前後する可能性があります。また、天候によっては代替プログラムになる可能性があります。
【4日目】ネイチャーガイド実践

 ネイチャーガイド実践③
  ・準備、子どもたちをお迎え
  ・リバートレッキング開始
   「安全面のサポート、ミニレクチャーに挑戦!」
  ・片付け

 12:30昼食

 ネイチャーガイド実践④
  ・準備、子どもたちをお迎え
  ・リバートレッキング開始
   「安全面のサポート、ミニレクチャーに挑戦!」
  ・片付け

 〜山形駅まで車で移動〜
  ・体験のまとめ
   「感想、今後の活かし方など」※車内にて

  18:00山形駅 解散

※4日目の終わりの時間は、希望によって早めに終了することができます
※当日のお客さまのスケジュールに合わせるため、予定が前後する可能性があります。また、天候によっては代替プログラムになる可能性があります。

求人情報

募集する職種

地域おこし協力隊員

こんな人と働きたい ・山形に移り住み、地域を盛り上げることに興味のある方。

・小学生を中心とする子供たちと自然の中で遊ぶことがメインの仕事になるので、
自然が好きで、人前で明るくお話ができる方。

・山や川を歩いたり、有機農法による農作業、里山の生き物のすみかを整備する仕事もあるので、
ある程度の体力がある方。
歓迎スキル 明るく楽しい雰囲気づくり
その他:傾聴力/接客ができる方/地域住民とのコミュニケーション
応募後の流れ ・まずは「おためし転職」にご参加の上、仕事内容や適性をご確認ください。

・2023年求人募集予定。(※求人情報については、詳細が決まった時点でご連絡します。)

・申込書類の審査と面接を行い、採否を決定します。
・面接の日時は、応募状況により調整して通知します。
(面接の際は、申込書類の「地域おこしアイデアノート」の内容を10分間程度でプレゼンテーション及び面接官から質疑応答していただきます。プレゼンテーション用ソフトを使用する場合は、申込時に申し出してください。)

※書類の提出や面接に要する経費は申込者負担となります。
応募資格 ・3大都市圏※をはじめとする都市地域等(過疎地域等条件不利地域を除く)から大江町へ移住し(住民票を異動し)、概ね1年以上3年までの間で活動することができる方
(※3大都市圏…埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県の区域の全部)

・心身ともに健康で、住民と協力しながら意欲的に行動できる方
・普通自動車運転免許を有する方 
・納付義務のある税について滞納していない方
給与 日給:5,000円
※活動日に給与を支給(2日間分)
おためし転職の内容 事前に活動内容を知り、地域おこし協力隊員としての仕事を体感する機会として、
4日間の職業体験を実施します。

※食材費・宿泊費は無料です。
※山形駅までの移動(旅費)は、個人負担となります。

※今回の体験先「山里交流館やまさぁーべ」以外にも他の分野・拠点で募集することがあります。興味がある方には、現地で詳しく説明しますのでお伝えください。
おためし転職参加後は? [おためし転職]→[求人情報の提供]→[求人募集(2023年予定)]→[書類選考]→[面接]→[採用]
おためし転職時の勤務地 山形県西村山郡大江町柳川959-1大江町山里交流館やまさぁーべ 他
地図を表示
おためし転職期間 4日間
採用形態 契約社員
基本給 時給:1167円(ほか期末手当あり)

月額の例:1日7時間勤務、日額8,169円、月21日勤務の場合171,549円。
所得税、社会保険等を控除後、毎月10日を基準に口座振込により支給。
手当 交通費:ガソリン代支給

活動用備品等
・活動用車両貸与(軽自動車)
・パソコン貸与。

生活関連
・住宅の賃借料、火災保険料、修繕料は、予算の範囲内で町が負担。
賞与 6月30日、12月10日の2回の期末手当があり、それぞれの基準日前6か月間の平均報酬額に0.675を乗じた額。
在任期間により別に支給割合あり。
試用期間 なし
任せたい仕事 大江町地域おこし協力隊員として活動します。

[山里交流館やまさぁーべの場合]
・体験プログラムの企画
・体験プログラムのガイド
・活動フィールドの管理作業

※他の分野・拠点で募集することもあります。
採用時の勤務地 山形県西村山郡大江町柳川959-1大江町山里交流館やまさぁーべ 他
地図を表示
就業時間 8:30〜16:30
時間外労働 時間外労働は発生しない。
休日・その他制度 毎月のシフトによる。
加入保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加

Follow Me!


PAGE TOP