色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小

人が集まる場所は「歴史」がつくる。路地裏起業の始め方 By 日光珈琲

日光珈琲

栃木県鹿沼市出身の風間教司さんがオーナーを務める日光珈琲。1999年に自宅を改装して作った「Café饗茶庵」を開業して以来、鹿沼市と日光市に6店舗の古民家カフェをオープンさせました。豊かな自然と、美味しい水に恵まれた鹿沼の地で、香り高い自家焙煎の珈琲を届けています。

なにをやっているのか

鹿沼の大きな通りから一本入った静かな路地裏。栃木県に6つの喫茶店を持つ、日光珈琲の本店・饗茶庵があります。民家を改築した、木のぬくもりを感じる落ち着いた雰囲気の店内には、人通りの少ない場所なのにも関わらず、平日もお客さまが入れ替わりコーヒーを味わいに訪れています。

「お店をやる時、その土地の歴史を知ることって、とても重要なんですよ。ただ賑わっている場所なら良いというわけではない。例えば饗茶庵があるこのエリアは、歴史的に鹿沼の旧市街だったので昔から商店同士が支え合う文化が根付いて、開業したい方にはぴったりの地域だと言えます。」

代表の風間さんは、このエリアでの開業希望者への物件を紹介や開業のアドバイスも行なっており、饗茶庵の周辺には風間さんが協力して開業したお店が立ち並んでいます。

今回体験できる内容

この体験では、饗茶庵での接客、他店舗への納品作業、コーヒー焙煎などを体験することができます。3日間お店で過ごしてみると、静かな路地裏のお店に人が集まってくる理由が見えてくるかもしれません。カフェなどの飲食業で企業してみたい方や、地域で仕事をつくりたい方にとって、たくさんのヒントが見つかるでしょう。

風間さんは、日光珈琲の運営のほか、起業支援、空き家活用の支援、まちの再生事業も行なっていて常に地域の牽引役として動いています。多岐にわたる事業内容ですが、共通するのは「事業者同士が競合するのではなく、協力し合って鹿沼地域全体で盛り上がりたい」という思い。

路地裏に立ち並ぶお店のつながりを見ていると、鹿沼の人々のつながりを肌で感じることができます。

しごとの特徴

「もうすぐ、ここで瓶詰めデザートのお店を始めるんですよ。鹿沼市外につくるのもいいかなと思ったんですが、やっぱり鹿沼は住み心地がいいのでここでやろうかなと。」楽しそうに新たな事業について語る風間さんは、ここ鹿沼の出身。

饗茶庵は1999年、風間さんが自らの手で一軒家をコツコツ改装し、オープンしたお店です。その頃は周囲にお店は全くなかったそうですが、地域の魅力を高めるための幅広い風間さんの活動により、今ではたくさんのお店が連なる地域になりました。

現在、日光珈琲の店舗では、やるべきことを全て指示するというよりも、それぞれが自ら考え自由に行動できるようある程度仕事を任せているそう。

そこから、新たに自分の事業で独立する方も多いそうです。まずは鹿沼に来てみて、街の歴史や人の繋がりを感じてみてください。

イベント・ツアー内容

所要時間:2泊3日程度 ※ご都合に合わせて調整可能です。

費用:無料(宿泊補助あり)

最小催行人数:1名

集合場所:栃木県鹿沼市上材木町1737

基本スケジュール

1日目(13:00~17:00)

1.あいさつ、やりたいことや目的の確認

2.風間さんの仕事の説明

・日光珈琲について

3.仕事について

・カフェの仕事/焙煎の見学

2日目(9:00~17:00)

1.仕事のお手伝い

・接客

・納品作業など

※その日の状況によって仕事内容が変わります。

3日目(9:00~15:00)

1.仕事のお手伝い

・接客/納品作業など

2.最後のまとめ

・体験の感想、質疑応答

新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い

  • 体験にお越しの際は「マスク着用」にご協力ください。マスクのご用意は、各自でお願いいたします。
  • 以下2点に該当する場合、参加はお控えください。
    「健康状態が優れない(発熱の症状、咳が出るなど)」
    「新型コロナウイルスに感染した方と14日以内に接触した疑いがある」
  • ツアー期間前、期間中に発熱等の体調に異変を感じた場合は即時お申し出ください。
  • 感染症の疑いがある場合は、参加を中止させていただく場合があります。
申込みはこちら