色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小

農業は、「ものづくり」。エンジニアに学ぶ、ゼロからのいちごづくり By Berryz Fun

Berryz Fun

イチゴの生産地日本一の栃木県にあるイチゴ農園です。減農薬や水、環境にもこだわっていて、最新の機械を使って美味しいイチゴを育てています。高設栽培で作る「スカイベリー」を是非味わってみてください。

なにをやっているのか

いちごの生産量日本一の栃木県。鹿沼市は県内で3番目のいちごの作付面積を有しています。

その地でいちご作りに取り組むのがBerryz Funの代表の鈴木康介さん。栃木生まれの品種を中心に9種類ものいちごが食べ比べできるいちご狩りはとても人気です。

「はじめは、スカイベリーという品種をつくって販売したいと思って栽培を始めたのですが、苗が病気にでダメになってしまって。手に入る他品種の苗をかき集めて栽培ししたのをきっかけにいちご狩りも始めました。多品種をつくる苦労もありますが、お客さまが楽しみにしてくださっているので、もうやめるわけにはいかないですね。」
と笑う鈴木さん。多品種をつくることで、それぞれの品種の特性にも気づくことができたそう。Berryz Funでは試行錯誤を重ね、いちごの栽培・管理・出荷に加えて、旬の時期にはいちご狩りの開催を行なっています。

今回体験できる内容

実は鈴木さんはエンジニアの出身で、企業で半導体の開発などに携わっていたこともあるそう。ものづくりは好きだったものの、直接お客さまの声を聞く機会が少なかったため、もっと、その声の聞こえるところで仕事をしたいと考えていました。

「その時、エンジニアのお仕事と性質は異なるものの、農業も『ものづくり』という本質は一緒だ、ということに気づいたんです。」そうして鈴木さんは2015年に、この鹿沼市にやってきてゼロからいちご作りを始めました。

この体験では、いちご栽培の管理のお手伝いや出荷作業、さらにはいちご狩りにいらっしゃるお客さまのご案内などをすることによって、栽培したいちごがお客さまに届くまでの過程を知ることができます。お客さまの声を直接聞き、次のいちごづくりへ活かしていく鈴木さんのスタイルが体感できるでしょう。

しごとの特徴

いちごづくりをすると決めた時、あちこち農地を探してまわった鈴木さん。初めて行く土地では、初対面の自分に土地を貸してくれる人はなかなかいませんでした。熱心な鈴木さんの思いに耳を傾けて、農地を貸してくれたのが鹿沼市の方だったそう。

「鹿沼の人は、常にみんな自然体で、いいものを作ろうという空気があるなと思いました。新しく何かを始めようという方にはぴったりかもしれません。」

ものづくりをやってみたいと考えている方も農業という選択肢を視野にいれてみてはどうでしょうか。また、何か新しいことを始めてみたいけど、勇気が持てないという方もチャレンジを続ける鈴木さんの姿に力をもらえるでしょう。

毎日すごく楽しいし風景に癒されています、本当にいいですよ。そう笑う鈴木さんは、とても生き生きとした目をしておられました。

イベント・ツアー内容

所要時間:2泊3日程度 ※ご都合に合わせて調整可能です。

費用:無料(宿泊補助あり)

最小催行人数:1名

集合場所:栃木県鹿沼市亀和田町1109−1

基本スケジュール

1日目(13:00~16:00)

1.ごあいさつ、やりたいことや目的の確認

2.仕事の説明

3.仕事のお手伝い

・いちご管理の手伝い(葉とり、摘果作業など)

4.今日の感想、質疑応答

2日目(9:00~16:00)

1.仕事のお手伝い

・いちご出荷の手伝い 

2.今日の感想、質疑応答

3日目(9:00~16:00)

1.仕事のお手伝い

・いちご狩りの手伝い(いらした方のご案内、簡単な説明) 

2.最後のまとめ

・体験の感想、質疑応答

新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い

  • 体験にお越しの際は「マスク着用」にご協力ください。マスクのご用意は、各自でお願いいたします。
  • 以下2点に該当する場合、参加はお控えください。
    「健康状態が優れない(発熱の症状、咳が出るなど)」
    「新型コロナウイルスに感染した方と14日以内に接触した疑いがある」
  • ツアー期間前、期間中に発熱等の体調に異変を感じた場合は即時お申し出ください。
  • 感染症の疑いがある場合は、参加を中止させていただく場合があります。
申込みはこちら