西日本を代表するサーフィンの聖地・日南。仕事と趣味の両立を応援してくれる会社で、“会社帰りにサーフィン”生活を満喫する

株式会社ニチワ

1962年、大阪で創業。事業拡大に伴い、1973年に宮崎県からの誘致を受け日南市へ。精密冷間鍛造技術を使いさまざまな自動車部品を製造しています。設計から金型製作、製造まで一貫した自社管理を行うことで迅速に製品化できる点が強み。従業員数181人。名古屋に営業拠点、中国・タイに関連会社があり今後は北米及び南米、ヨーロッパへの進出に向け、事業展開しています。。

国内の主要自動車メーカー全てに部品を提供

ニチワは自動車精密冷間鍛造部品の製造販売会社です。冷間鍛造とは、常温の金属を叩いて変形させる加工法のこと。創業当時から製造の溶接ナットは国内でも高いシェアを誇っています。また、近年は付加価値の高いエンジンやシートベルト等の機能部品や締結部品の生産で経営強化を図っています。

特徴のひとつは、特定の自動車メーカーの系列に属さず、国内主要メーカーすべてに部品を提供していること。長年の取引の中で、常に納期を守り高い品質の製品を納めてきたことが信頼につながっています。

もうひとつは、鍛造用の金型を製作する部門を持っていること。金型の設計・開発は行っても製作は外注している会社が多い中、ニチワは自社一貫生産にこだわり、短納期・コスト削減につなげています。これまで培ってきた高い技術力を活かし、今後は異業種分野への展開も視野に入れています。
社風はアットホームで、球技大会、夏まつり、自動車まつりなど家族ぐるみで参加できるイベントを年に数回開催。社員の子どもが成長して入社するケースも出はじめています。

趣味も子育ても。プライベートを大事にできる労働環境

ここ数年、ニチワではUIJターンの転職者が増えています。2019年夏に大阪から日南へやってきた開発部の栗下さんもそのひとりです。

「サーフィンが趣味で、もっと日常的にサーフィンがしたかったんです。面接で『遊びのために転職するのか』と思われる不安があった中、ニチワは『仕事と趣味の両立を応援したい』と言ってくれたので転職を決めました」(栗下さん)

工場からサーフポイントまでは車で20分。定時が17時15分なので、冬が来る前は仕事帰りに海へ行き、休日を合わせると週4でサーフィンをしていたそう。「入社してまだ半年なので余裕がありませんが、一人前になってある程度時間を管理できるようになったら、フレックスタイム制度を使い冬も日中にサーフィンを楽しみたいです」と栗下さんが話すと、すかさず「遠慮せんで良いかいね」と人事の鶴田さん。人間関係の良さが伝わってきました。

2019年冬に入社した製造部の松田さんは、奥さんが日南出身。2人目の子どもが生まれたことを機に、神奈川から日南へ移住しました。

「神奈川では通勤に2時間かかっていたけど、いまは車で15分。家族との時間をたっぷり取れています。会社の雰囲気や福利厚生が良く、妻が熱を出したときも子どもを保育園に連れていくために一時間遅れて出社させてもらいました。フレンドリーな方が多く、急な休みも相談しやすいので助かっています」(松田さん)

社員がプライベートを大事にしながら働ける環境づくりに努めてきたニチワ。時間単位年休などもいち早く取り入れてきました。自然豊かな環境なので、農繁期は実家の農業を手伝ったり、狩猟シーズンには獣害対策としてハンティングボランティアを行うなど、有給やフレックスを上手に活用しながら働く社員もいるそうです。

風光明媚で暮らしやすいまち・日南

日南市は日本で最も日照に恵まれた地域のひとつで、気候は温暖。暮らしやすさも魅力のひとつです。

「一年を通して暖かく、波も日本トップクラス。それでいて人が少ないので、サーファーにとっては天国のような環境です。朝焼けや夕焼け、星空もめちゃくちゃ綺麗で、海岸線をドライブしているだけでも気持ちいいですね」(栗下さん)

「妻の実家がみかん農家で、周囲の農家さんとも交流があるのですが、優しい人ばかりで野菜がたくさん貰えます。魚に肉に野菜にフルーツ、何でも美味しいですね。都会と違って保育園の園庭が広く、自宅周辺も緑いっぱいで子どもがのびのび遊べるのもいいなと思います。多少不便になるかと思っていましたが、車があればスーパーや病院もすぐだし、快適に暮らしています」(松田さん)

生活費が安いのも嬉しいところ。家賃は大きな新築一軒家が駐車場2台分込みで5万円程度。購入する場合も1500万円ほどで済むそうです。

なお、ニチワでは転職希望者に必ず工場を案内しています。「入ってから『こんなはずじゃなかった』となったらお互いに残念なので、包み隠さず見せますしお話します」と鶴田さん。観光名所がたくさんある日南。少しでも興味があれば、観光がてらぜひ工場見学へ行ってみてください。

詳細はこちら

Follow Me!


PAGE TOP