2016年03月23日更新

いまワーキングホリデーが再び注目されるワケ【アンケート調査より】

日本ワーキング・ホリデー協会が、全国20代~40代のワーキグホリデーを経験した男女(約400名)にアンケート調査を実施。「将来海外で暮らしたい人が増えている」といった結果が出ています。

語学力の向上を目的とするワーホリ活用者が増加


ワーキングホリデー(略称:ワーホリ)とは、1~2年の海外滞在期間のあいだ、旅行(観光)だけでなく「学ぶこと」や「働くこと」まで認められる若者限定のビザ支給制度です(18歳~30歳)。2国間の協定に基づき実施されるもので、現在日本はオーストラリアやドイツ、フランス、カナダ、台湾など14カ国と協定を結んでいます。

日本ワーキング・ホリデー協会によれば、「リーマンショック以降、渡航者が減少傾向にありましたが、近年3年連続で増加しており、2013年度のビザ発給部数はリーマンショック以前と並ぶ20,845人に到達する程、再度注目が集まっています」とのこと。

しかし...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年03月23日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP