2016年03月03日更新

『日本の給料&職業図鑑』はなぜウケたのか?—給料BANK・山田コンペー氏に聞いてみたvol.1

給料と職業のポータルサイト「給料BANK」がリリースした書籍『日本の給料&職業図鑑』(宝島社)が評判になっています。今年1月の発売以来、amazonのサブカル部門1位(総合でも最高7位)を記録するなど売れ行きも好調。

弁護士、医者といったよく知られた職業から、ユーチューバー、コスプレイヤーなどの新しい職種まで、約300の仕事の内容や就き方、平均給料などを紹介する“図鑑”ですが、面白いのはそれぞれの職種の人をRPG風のファンタジックなイラストで表現しているところ。

なぜ、RPG風の職業図鑑を出そうと思ったのか? そもそも「給料BANK」とは何なのか? 同サイトを運営する山田コンペーさん(上写真)にインタビューしました。

(聞き手:河尻亨一/仕事旅行社キュレーター)


記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

ロングインタビュー: 2016年03月03日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
海を越え、多様なプレイヤーと共にモノづくりに挑む。中国・メキシコに拠点を持つ金属プレス加工会社が営業職を募集。
リノベーションという成長マーケットで働く! リノベ物件のストーリーを伝えるメンバーを募集

Follow Me!


PAGE TOP