2016年03月01日更新

収入、経験、出会い…ダブルワーク(副業)をした理由、第1位とは

人材派遣会社のポータルサイト等を運営するエン・ジャパン株式会社が、「ダブルワーク(副業)」に関するアンケート調査を実施。派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣』( https://haken.en-japan.com/ )のサイト利用者4,233名から得た回答の概要が報告されています。

半数以上が「ダブルワーク経験あり」


ダブルワークの経験者割合は過去最高に。内訳としては「ダブルワーク中」(17%)、「過去にある」(40%)で回答者約4000人の57%にダブルワークの経験がありました。この数字は2008年の調査開始以来、過去最高の水準だそうです。

調査結果の報告では「有効求人倍率の高まりとともに、ダブルワークとして働きやすい仕事の選択肢も増え、経験者も増加していることが分かります」と考察しています。


グラフ:「ダブルワークをしたことがありますか?(2008年からの推移)※2011年のみ調査なし(エン・ジャパン株式会社による「ダブルワーク(副業)ついてのアンケート調査」より)

ダブルワークの理由は「副収入が必要」がトップに


この調査で「ダブルワーク中」「過去にある」と回答した57%のダブルワーク経験者がダブルワークをした理由としては、「副収入が必要」(67%)、「空いた時間の有効活用」(46%)が上位に挙がっています。次いで貯金をしたい(29%)、色々な仕事を経験したい(27%)、やってみたい仕事があった(17%)など、金銭面での目的が比較的上位に並ぶ結果になりました。


グラフ:「ダブルワーク中」「過去にある」と回答された方に伺います。ダブルワークをしたのはなぜですか?(複数回答可) (エン・ジャパン株式会社による「ダブルワーク(副業)ついてのアンケート調査」より)

「副収入を得るため」というイメージが想起される「副業」という言葉に対して、自己実現に向けた新しい働き方として「“複”業」「パラレルキャリア」などの言葉が聞かれるようになった昨今。しかし「ダブルワーク」「副業」には、改めて「副収入」とのつながりの強さが伺えます。

経験者の満足度は結構高い?「副収入」や「経験」「出会い」も魅力


実際にダブルワークを経験した人の感想としても、当初の目的を達成する「副収入が得られて良かった」(64%)が第1位という結果に。第2位は本業では得られない経験や知識が得られて「良い経験になった」(48%)、第3位は「体力的に大変だった」(43%)です。

「空いた時間を活用できてよかった」(36%)、「新しい出会いがあった」(25%)なども上位に続き、収入以外にも様々な魅力を見出す人がいるということが分かります。

以下のような経験者の感想が紹介されていました。

●「ダイニングバーで働き、普段の事務職と180度違う素の自分が出せて気分転換になった」(23歳女性)

●「新聞配達は朝方の時間を有効活用でき、生活リズムも規則正しくなるのでオススメ」(26歳男性)

●「商品の搬入など体を動かす仕事だったので、ジムの運動よりも気分転換になった」(37歳男性)

●「マンションのモデルルーム案内受付のお仕事を単発でした。自身もマンションを買おうと思っていたので、ちょっとした裏情報も聞けて、とても参考になった」(39歳女性)

調査ではダブルワークに興味がある人の理由や希望する仕事条件などに関する結果も報告されており、ダブルワーク経験者からのアドバイス等も寄せられた様子。マイナンバー制度下での副業の留意点など、ダブルワークへの関心の高さが伺える結果となりました。

出典元:4000人以上に聞いた、ダブルワーク意識調査。ダブルワーク経験者は57%で過去最高に。ー『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果ー」
読みもの&流行りもの: 2016年03月01日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP