2019年06月17日更新

谷中のちいさな宿「澤の屋」に年間5000人以上の外国人が泊まる理由ー森まゆみの「谷根千ずっとあるお店」vol.11

作家の森まゆみさんによる連載。『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』を1984年に創刊、「谷根千(やねせん)」という言葉を世に広めた人としても知られる森さんが、雑誌創刊以前からこの町に"ずっとあるお店"にふらりと立ち寄っては店主にインタビュー。今回は外国人に人気の谷中の宿「澤の屋」へ。(編集部)

昭和の時代は商人宿。修学旅行の生徒たちも


根津の藍染大通りを入って、旧藍染川の流れていた通りを渡って右側に、澤の屋旅館はある。ご主人の澤功(さわ・いさお)さんと初めて会ったのは、雑誌「谷根千」を始めてすぐだった。最初から若い主婦の私たちを信用して、ずっと広告も出し、応援し続けてくれた方である。

「お互い若かったですよね。もう今年で82になりました」と、いつもにこやかな澤さん。髪の毛こそ白くなられたが、とてもそんなお年には見えない。

澤の屋...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2019年06月17日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
副業OKどころか"推奨"の学生人材バンク。日本一人口が少ない鳥取県で、先進的な「人と仕事のマッチング」プログラムを作る
SOS! 仕事旅行社のコンテンツをつくる"編集職人"募集。ノルマ・出社・空気読みの必要ナシ。もちろん給与はアリ!【業務委託】

Follow Me!


PAGE TOP