2018年04月25日更新

4000人の遺影を撮影してきた写真家、能津喜代房。広告の世界を捨てて選んだ「遺影写真家」という生き方。(前編)

東京、中野のひっそりとした住宅街に、その写真館はある。

館内に入ると、目に入るのは三脚にカメラに照明、そして加工に使うのであろうデスクトップパソコン。一見すると、どこにでもあるような街の写真館と同じ光景が広がっている。一点だけ、壁には何枚もの「遺影」が飾られていることを除いては。

ここ素顔館は、全国でも珍しい「遺影専門」の写真館だ。館長は能津喜代房さん。2008年に素顔館をオープンして以来、4000人もの遺影を撮ってきた「遺影写真家」である。

60歳になるまで、およそ40年にわたって広告写真の世界で活躍してきた能津さんは、いったいなぜ遺影写真家という生き方を選んだのか。その背景には、亡き義父への思いがあった。

<後編はこちら。>
4000人の遺影を撮影してきた写真家、能津喜代房。広告の世界を捨てて選んだ「遺影写真家」と...
仕事旅行ニュウス: 2018年04月25日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
リノベーションという成長マーケットで働く! リノベ物件のストーリーを伝えるメンバーを募集
未経験から広告クリエイティブ業界への最初の一歩を。未知を楽しむマインドで、ハッチの仲間になってみる。

Follow Me!


PAGE TOP