2017年06月09日更新

アート集団「studio COOCA」の関根幹司さんに聞くー僕もまだわかってません。この施設が何をすべきか。障害者とは何者なのか?

パッと目を引く色彩豊かな絵やグッズの数々。お洒落な柄のエプロンから、ユニークなものでは納豆柄のポーチまで。そこに描かれているキャラクターはどれもユニークなものばかり。ひとつひとつ、手にとって眺めたくなる魅力で溢れています。

この展示会を主催している団体の名前は「studio COOCA(スタジオ クーカ)」 。神奈川県平塚市にある障害福祉施設です。ここでは、ハンディキャップを抱えた人が、得意なことで活躍し仕事を得ています。

実は今回のインタビューの聞き手である森本は、現在も障害者福祉の仕事をしながら、仕事旅行の大人のインターンに参加させてもらっています。

今回、「本人の持ち味をここまで引き出す秘密を探りたい!」と代表(施設長)の関根幹司さんにお話しを伺いました。そこで少しだけ見えてきたのは、秘密の「答え」ではありませんでした。

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

ロングインタビュー: 2017年06月09日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
就労だけがゴールじゃない。うつ病の自立訓練施設で「自分のあり方」への気づきを促す
ローカルとグローバルが混在する熊野で、コミュニケーシ ョンが起きる場を作り出す。

Follow Me!


PAGE TOP