2017年03月17日更新

仕事に"迷える子羊たち"にもオススメ。映画『3月のライオン』

映画『3月のライオン』を見た。

原作は同タイトルのコミック。「ハチミツとクローバー」などでも知られる羽海野チカ氏による人気作だが、今回の実写化は原作のファンはもちろん、将棋好きも気になるところ。

プロ棋士たちの成長ドラマが描かれる本作からは、彼らの「働き方」も垣間見ることができるのでは? 厳しい勝負の世界に生きる棋士たちの物語には、仕事のヒントもあるのでは? そんな思いでワクワクしながら試写会場へと足を運んだ。

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

主人公・桐山零には「仕事だけ」ある


映画では主人公である「17歳のプロ棋士・桐山零」を神木隆之介が演じている。彼は9歳の時に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2017年03月17日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
一人ひとりの個性が集まって面白い、そんな社会がいい
事業内容にこだわりなし。成長期のまちおこしベンチャーで地方再生を担う(滞在費無料)

Follow Me!


PAGE TOP