2017年01月18日更新

中目黒のカセットテープ屋さん「waltz」店主の角田太郎さんに会いに行く。「人に与えることで運はつくれると思うんですよね」

中目黒の住宅街の片隅にある、いま話題のお店。その名は「waltz」。音楽や映像作品をカセットテープやレコード、VHSなどで販売するだけでなく、雑誌のバックナンバーや書籍も扱っています。

みなさんも、このお店を紹介する記事などを目にしたことがあるかもしれません。

店主は角田太郎さん。角田さんは2つの会社に勤めた後、当時、日本で事業を立ち上げつつあったamazon(アマゾンジャパン)に入社、14年間の勤務をへて独立、このお店をオープンしました。

世界最大手のECサイトに関わっていた角田さんが、なぜレコードやカセットテープのお店を開こうと考えたのか? そのことで働き方は変わったのか変わらないのか? とある晴れた冬の日に、お店にお邪魔してお話うかがってきました。 

聞き手・構成・写真:河口茜+島田綾子(シゴトゴト編集部)

失敗が許されるときはむしろ失敗したほうがいい


中目黒駅から...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2017年01月18日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
一人ひとりの個性が集まって面白い、そんな社会がいい
目指すは、ワクワク金型職人。「好き」と「こだわり」を大切に。

Follow Me!


PAGE TOP