2016年08月19日更新

ソーシャルギフトがビジネスシーンに進出。さて、職場でどう使う? 

スタバやハーゲンダッツなどの商品から、プラネタリウムの招待券までーーメールやSNS経由で手軽にギフトを贈れるソーシャルギフトのサービスがジワッと利用者を増やしているようです。

ある研究機関が発表したリサーチによれば、ソーシャルギフト市場は2020年度には1110億円まで拡大すると予測していますから、それなりに普及するのかもしれません(2014年は82億円、2015年は156億円)。

参考記事(2015年のもの): ソーシャルギフト市場、前年のほぼ倍に成長

そして近頃では、ビジネスシーン向けのサービスも充実し始めた模様。どんなことになっているのか? 調べてみました。

社内メールにギフトを添えてサプライズ、なんてことも



この夏、ビジネスシーンに特化したサービスをローンチしたのが

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年08月19日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
SOS! 仕事旅行社のコンテンツをつくる"編集職人"募集。ノルマ・出社・空気読みの必要ナシ。もちろん給与はアリ!【業務委託】
未経験からプロの大工に。異業種が集う渋谷のモノづくりベンチャーで、リノベーションを手がける。

<20年1-3月の新ゼミ生>募集中!2020年1月~3月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP