2016年08月05日更新

求人倍率3倍、採用者数5万人。五輪の感動を裏で支えるあの仕事

リオデジャネイロ五輪、いよいよ開幕ですね。

世界が熱狂する16日間には、世界約200カ国から1万人以上の選手が参加します。

今回の観客動員がどれくらいになるかはわかりませんが、ロンドン五輪のチケット販売は約1000万枚だったと言いますから(パラリンピック含む)、おそらく百万単位の人々が現地を訪れることになるのでしょう。

それだけの規模のイベントともなると、大会関連の仕事やそれに従事する人の数もすごそうです。そして、その人々の協力なしに五輪は盛り上がらないのでは?

例えば、選手村の食堂。各国の料理に対応し、24時間稼働するレストランを運営するにはシェフが1000人必要とのこと。昨今の世界情勢もあり、警備の体制も厳重にしなければならず5万人を投入。さらに選手村や会場に資材、日用品、寝具類等を運ぶ運送会社のスタッフは重宝されるのだとか。

そのほかVIPを案内する「アシスタント」、開会式の音楽を演奏する...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年08月05日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP