2016年04月21日更新

すべての人さ、旅ば楽しんでけれ! 旅行会社「たびすけ」で“あるもの活かし”の企画プロデュースを体得

ここ数年、地元の人が地域色豊かな体験ツアー等を企画プロデュースする「着地型観光」が注目を集めています。

「観光だけではなく、“地域ならでは”の体験をしたい」といった旅のニーズが多様化するなか、大手では真似の出来ない個性あふれるツアー企画を打ち出すことができる地元の旅行会社の人気も高まっています。

なかでも高いポテンシャルを感じさせるのが「たびすけ」。青森県弘前市に特化した地域密着型の旅行会社です。

今日ご紹介する仕事旅行は、その「たびすけ」が受け入れ先となる「地域密着型旅行会社スタッフになる旅」。5日間連続の本格体験ができる「仕事留学」として新登場です!

記事:島田綾子(シゴトゴト編集部)

街づくりにつながるツアー企画とは?


青森県西部に位置する弘前市。市のホームページには「日本一の桜とりんごのまち」とあります。全国一のりんご生産量を誇るほか、弘前城やねぷた祭りなど観光の街というイメージもあります。

「たびすけ」のサイトでも、りんごやお城、ねぷたといった“街のアイコン”も紹介されてはいますが、じっくり見ていくとそれだけはない印象。

冒頭写真にもあるように、「刈るべ!田んぼアートの旅」「刀剣ツアー」「大相撲を沸かせた名力士の故郷を訪ねる旅」「ひろさき恋活カレッジ」などなど、ご当地色満開のツアーの数々が…。(※現在はいずれも受付終了)

「津軽弁の通訳もスタッフにおまかせください!」という言葉に、なぜだかよくわかりませんがシビれました。頼もしさのようなものが伝わってきます。

たびすけ


(画像 たびすけトップページ)

しかし、そういったあふれる地元感だけが「たびすけ」の旅の特色ではありません。

「バリアフリー旅行『ゆうたび』」など、高齢者やからだの不自由な方をサポートする商品も目立ちます。「お出かけサポート★らくてく」では、買い物や食事といった日常的な“お出かけ”から、お墓参りまで手配・同行をしてくれるとか。

「たびすけ」には「介護資格を持っている」スタッフが所属しているようです。

旅行会社と言えば、「外からやってくるビジター」に向けた商品を企画しているというイメージが強いですが、地域の人をサポートするサービスにも力を入れているのが「たびすけ」。

サイトには以下のような言葉もありました。

「たびすけは旅行会社ですが、この事業は「街づくり」に繋がっていくと確信しております」(企業理念より)

子どもからお年寄り、からだの不自由な人まで、すべての人がともに元気に生活するまちへの思いを感じました。「お出かけやお墓参りに行きたいのに、体調に自信がなくて…」という高齢者は多く、それほど遠くない場所でもまるで外国のように感じてしまうもの。

それも“旅行”と捉えてサービス化するところに、「たびすけ」のインサイト発掘力と“真の地元愛”を感じてしまった私です。

「あるもの活かし」の企画と発想法ば学べら


「たびすけ」はどういった方が運営されているのでしょう?

代表の西谷雷佐(にしたにらいすけ)さんは、弘前市の出身。サイトの代表挨拶では以下のような言葉も。

「自分ひとりの力では旅行できないから行かない」「誰かの迷惑になるから外出しない」と耳にすることがありますが、「~だから旅行に行かない」とは、「本当は、できるものなら旅行に行きたい」という意味ではないでしょうか?

こうした思いから、介護付きの地域密着型旅行が生まれたのかもしれません。


(画像 あるもの活かしで地域力発信!~たびすけ代表 西谷雷佐の旅ブログ~トップ)

代表・西谷さんのブログもとても面白い。

あるもの活かしで地域力発信!~たびすけ代表 西谷雷佐の旅ブログ~

弘前大学でも観光の授業を受け持つ西谷さんは、自身のブログで観光やまちづくりに関する独自の考えを発信しています。

熊本城のガイドの説明形式・配置をホテル“リッツカールトン”並みの居心地の良さと語るレポなど、「なるほど!」と思いながら読んでしまいました。

歴史の中に埋もれている魅力を現代的な価値として掘り起こす——そういった視点は「たびすけ」の旅作りにも活かされていそうです。西谷さんは、それを「あるもの活かし」という言葉で表現しているのでしょう。

北海道新幹線開通に関してのポスト「『ついで』には価値がある!個性的な旅をしたい個人客をいかに誘うか?」というタイトルの記事では、「商品化のノウハウ」や「仮説検証の重要性」を、自社ツアーも事例に交えながら読みやすい語り口で書いています。

書籍化してほしいくらいですね。

そんな西谷さんご自身から、「あるもの活かし」の企画と発想を学ぶだけでなく、参加者全員で青森のぶっ飛んだ着地型観光ツアーを企画できるのが、この仕事留学のメリット(リアルに商品化の可能性もあります)。

5日間の体験は、現業にも活かせる生きた知恵となることでしょう。もちろん青森の魅力も満喫できます。

地域の魅力ば発信したい方、企画・発想力ば磨きて方、この夏津軽さ行ってみて方は以下の詳細ページばご覧けろ(翻訳:もんじろう※記事タイトル等も)。

地域密着型旅行会社スタッフになる旅
【仕事留学】企画力アップ!「青森のDEEPな魅力満喫ツアー」を作る旅


2016年08月17日(水)から開催(青森県)

ご不明点は仕事旅行社まで
ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

連絡先(担当・田中翼)
info @ shigoto-ryokou.com(@は半角に書き換えてください)
Tel:03-6452-9414

※平日の10:00から18:00(土日・祝日除く)までの間
お電話にてお問い合わせを受付けております。
仕事旅行ニュウス: 2016年04月21日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP