2016年04月12日更新

求む!戦う公務員。「vs東京」を宣言した徳島県が職員採用PVをリリース

「vs東京」をコンセプトに地域活性事業に取り組む徳島県が、県職員の採用のためのプロモーションビデオを公開しました。タイトルは「戦う公務員」です。

★動画:‪徳島県職員採用PV「戦う公務員」‬(180秒)

徳島県は2014年より「vs東京」のコンセプトのもと、大都市にはない地域の魅力を伝える様々な動画やポスター、PRイベント等を展開。今回発表したPVも「『vs東京』を具現化できる優秀な人材の確保」の狙いがあるようです。

★「vs東京」サイト:‪「徳島は宣言する『vs東京』」

挑戦的にも思える「vs東京」もそうですが、「戦う公務員」というのもちょっと気になるタイトルです。
どんな動画なのか早速見てみましょう。

記事:「シゴトゴト」編集部

僕たちこそが“ベンチャー”だ


このPVに登場する主人公は、いかにも公務員らしい真面目そうな若手県庁職員(役の役者さん)。




「公務員は、地味な仕事だ。スーツも、髪型も、ランチも、オフィスも地味だ。公務員の地味さは、“税金を無駄にしないぞ”という節制の現われだ」

——そんな彼の心の声をバックに、県庁での勤務風景が描かれます。走ったり謝ったり資料を整理したりと日々奮闘している模様。

「全力だからこそ、人々に感謝され、喜びが生まれる。地味だからこそ安定して充実したプライベートがある。公務員は地味に地道に地域を支える。それが私たちの仕事だ」

——多忙ながらもいまの仕事・生活にそこそこは満足していそう。ところがある日デスクでPC作業の最中、ふと何かに気づいた模様。すると彼はやおらカメラに向きなおり、シリアスな表情で次のようにコメントします。

「でも、それだけじゃ、いつまでたっても地方は地味なままだ!」

ここでBGMとして冒頭から流れていたバロック調の優雅なクラシックが、「きらきらひかれ」(by チャットモンチー)にチェンジ。

アップテンポのビートにのせて、林業・土木・衛生・農業・環境など様々な分野にわたる県のスペシャリストたちが続々登場。彼らのコメントとともにアクティブなワークシーンをつないでいきます。




「地味ではないですね」

「県を盛り上げていけるような仕事かな」




「農家さんがもうかってほしい。新たに農業したい人が増えたらいいな」

「常に新しいことをやろう。僕はとんがったことしかしないので」

「県庁ってやっぱりいろんな職種がいて。お医者さんもいるとか、獣医さんもいるとか、技術系の人もいるし、みんないるので。困ったことがあっても、なんとかなるんですよね」




そして音楽がクライマックスに向かって盛り上がるなか、なぜか満面の笑顔で県庁の敷地内(?)を全速ダッシュする主人公の姿。

思わず「走ってる暇あるなら仕事せいよ!」とツッコミたくもなりましたが、そこはPR動画というもの。「県職員として、未来の徳島づくりのために働くこと」に目覚め、その喜びを全身で表現しているのでしょう。

「どんな大企業にもない業務領域の広さが、僕を成長させる。徳島の未来をつくるために、僕たちは戦う」

「ベンチャーが冒険と言うなら僕たちこそが“ベンチャー”だ。公務員が地味なんて、いつの話だ!!」

——というところでPVは終了となりました。

PVは徳島県の若手職員たちが企画


このビデオは各職種の若手職員で構成された、「徳島県職員採用プロジェクトチーム」によって企画されたそうです。制作コンセプトは以下。

「徳島県庁で働くことは、他で働くこととは全く違う価値があり、徳島県庁で活躍すること=世界を変えること。そして、公務員こそが、地域を、日本を、世界を変えること。

あらゆる部署がある超コングロマリット企業(複合企業)である徳島県庁が、『消費社会でモノを売る』ではない、『地域を作り感謝される』という価値を大切にしたいという、先輩県職員のインタビューを通じて、徳島県職員を自分ゴト化して欲しい」(プレスリリースより)

つまりこのPV「戦う公務員」が求めているのは、「積極的に変化をおこし、地域において新しい価値作りができる人材」ということなのでしょう。

出典:「vs東京」の徳島県が新しいプロモーション動画「戦う公務員」を公開!
読みもの&流行りもの: 2016年04月12日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
見たことない仕事、見に行こう。

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP