おためし転職について
「人生100年」と言われる時代。給料だけじゃなく、出世でもなく、本当にやりたいことを仕事にしようと職探しをすることも当たり前の時代に。
とはいえ、一度就職した後に転職となるとハードルがあるのもまた事実。どうやればやりたい仕事に出会えるのか分からないという声もよく聞きます。
仕事旅行はそういった方々に「新たな仕事との出会いの場」をご提供したい。まずはおためし転職として仕事を体験してみることで、自分を活かせる仕事なら転職への道が拓けます。本当に”やりたい“仕事との出会いは「おためし転職」から。

特徴

職業体験(おためし転職)から始める転職
職業体験(おためし転職)から始める転職
HPで伝えられる仕事の魅力はごく一部。一緒に働く仲間、職場の環境、仕事の醍醐味。百聞は一見に如かず。職業体験で仕事の「やりがい」を体感しよう。
社長の想いに直に触れる
社長の想いに直に触れる
おためし転職期間のどこかに社長や経営層との交流を設定。彼、彼女たちの描く未来とは、会社の在り方とは、仕事に対する想いを直接聞いてみよう。
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でも参加しやすいように、多くのおためし転職は1日のみ。それ以外でもおためし転職回数・日程は選択可。現職を離れる前に、小さな一歩を踏み出そう。

サービスの流れ

まずは会員登録。登録・おためし転職への参加は無料
参加するには会員登録が必要です。サイト上部の新規登録ページより必要情報をご記入、個人アカウントを作成の上、希望する職場にお申し込みをしてください。
書類審査→職場とのやり取りをへて体験日時決定
書類審査に通過すると、職場からレスポンスがあります。仕事旅行のマイページ内で先方とやり取りをしながら、スケジュールなどの詳細を調整してください。
おためし転職実施。期間や頻度は相談可能。
希望する職場でのおためし転職に参加します。参加日数はおためし転職先と交渉可能です。
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職について
募集職種:制作管理・図面作成  ubushina  東京

伝統技術ディレクター立川裕大氏率いる「ubushina」が人材を募集。職人技を現代社会につなぐ

応募を終了しました。

企業情報

ubushina

漆、金箔、鋳物、陶磁器、和紙、布、木工など、伝統的な技術を中心に、デザインと空間に結びつけています。さまざまな案件に対して、品質・コスト・納期・素材の性質・施工方法など、多角的なマネージメントのもと、家具・照明器具・アートオブジェ等をオーダーメイドで製作しています。
地図を表示

こんな人と一緒に働きたい

・インテリア、建築、ものづくりに興味がある人。好奇心旺盛な人。
・明るく、前向きで、コミュニケーションが好きな人。
・インテリア業界での経験のある人。

仕事内容

伝統の技術を売る

既製品ではなく「技術を売る」というコンセプトのもと伝統の技術と最新のデザインを結び付ける取組みにおいて伝統技術ディレクターであるubushinaの役割は、職人とデザイナーとの間に立ちそれぞれの意思や要望を咀嚼し翻訳することにあります。

職人とデザイナーとでは時間やコスト感覚、言語や常識などが異なり直接会話をしても、求めている表現方法やプロジェクトの納期など、細かく設定された条件を満たした作品を作ることは困難なため、両者の立場を理解したubushinaが間に入り、プロジェクト全体のクオリティを高めながらスムーズに完成に導いていきます。

ubushinaを介したものづくりは、職人にとって、在庫を持たない状況で「従来には無かった新たなものづくりに挑戦できる」といった魅力があると共にデザイナーや建築家にとっても「創造性や制作意欲が刺激される」という魅力があり、双方にとってメリットがある取組みとなっています。

また、ubushinaのオフィスを訪れた、多くの建築家やデザイナーは、伝統技術を生かした素材サンプルを見ながら、職人がこれだけのことができる。という事実を知り驚くそうです。情報技術が発達した現在でも、情報を発信したい人(職人)と情報を欲している人(デザイナー)の間にはまだまだ壁があるようで、その壁に風穴を開けて、両者を紹介するだけでなく、職人の技術とデザインを融合し、現在に通じる新しい価値を宿したプロダクトを創造するのがubushinaの仕事です。

ubushinaを始めるまで

ubushinaの代表を務める立川裕大氏は大学卒業後、輸入家具メーカーへ入社。輸入家具の販売・開発に携わり、イタリアへの訪問を繰り返す中で出会ったイタリアのデザイナー達を通してデザインという行為は、表面的な美しさや機能性だけを求めるのでは無く社会的なことを見据えながら、生活の中での「必要性」を見つけ出し、その「解決の手段」を導き出すことにこそ意味をなす。ということに気付かされます。

また、日本人の自分がイタリア家具の仕事をする際、現地のイタリア人から「日本には素晴らしい技術が溢れているのだから、日本の仕事をすれば良いのに」と指摘されたことも、自分の仕事を見直すきっかけとなりました。

その中で、日本の伝統技術と向き合い、職人やデザイナーと協力をしながら伝統を維持・保存するだけでなく、新たな伝統を作ることに社会的な価値を見出し、ubushinaという取組を始めました。

ubushina「産品(うぶしな)」という言葉は「産土(うぶすな)」という古語の同義語でその人が産まれた場所。というアイデンティティを象徴する意味を持っています。その地域でしかできないこと。その職人でなければできないこと。そんな想いを大切にしながら、ものづくりを行っています。

仕事の内容としては、完全な"ミドルウェア"です。

今回のおためし転職では、企画営業・製造管理の仕事を前提に、ubushinaがあつかっている、素材・技術のレクチャーを受けていただき、進行しているプロジェクトのアシスタント業務(サンプルの手配など)や、実際の制作現場(工場)などへの同行し、プロジェクトの流れを学んでいただきます。

その仕事内容を、代表の立川氏はこう表現します。
「仕事の内容としては、完全な"ミドルウェア"です。我流の言い方ですけど、職人はハードウェア、デザイナーはソフトウェア、そして彼らを引っ張り出す僕らみたいな立場の人はミドルウェアだと考えているんです。

例えば、設計事務所に「こういう技術があるんですけど」って働きかけてフィードバックをもらい、僕らのほうで「これだったら漆がいい」とか「あそこの産地ならできそうだ」ってことで職人とのやり取りを重ね、ゴーが出ると作って納品するという流れですね。」

日本の素晴らしい職人さんたちの技・技術を学ぶことができ、それが実際の空間に納まる体験ができる。日本の手仕事のリアルを実感できる仕事の募集。採用人数僅かなので、お早めにお申し込みください。

応募を終了しました。

おためし転職情報

募集する職種

・制作管理

・図面作成

おためし転職期間 1日
給与 おためし転職時:無給
任せたい仕事 ubushinaがあつかっている、素材・技術のレクチャーを受けていただき、進行しているプロジェクトのアシスタント業務(サンプルの手配など)や、実際の制作現場(工場)などへの同行し、プロジェクトの流れを学んでいただきます。
こんな人と働きたい ・インテリア、建築、ものづくりに興味がある人。好奇心旺盛な人。
・明るく、前向きで、コミュニケーションが好きな人。
・インテリア業界での経験のある人。
必須スキル Word、Excel、Illustrator、photoshopに対する知識
Vectorworksなどの図面ソフトの経験 (必須)
歓迎スキル 語学(英語)
採用までの流れ (書類選考)→(面談)→(おためし転職実施)
おためし転職参加後は? スキル・経験に応じて正社員採用の可能性あり
場所 東京都港区 南麻布 4-13-9鈴木ビルB1
地図を表示
応募を終了しました。

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP