おためし転職について
「人生100年」と言われる時代。給料だけじゃなく、出世でもなく、本当にやりたいことを仕事にしようと職探しをすることも当たり前の時代に。
とはいえ、一度就職した後に転職となるとハードルがあるのもまた事実。どうやればやりたい仕事に出会えるのか分からないという声もよく聞きます。
仕事旅行はそういった方々に「新たな仕事との出会いの場」をご提供したい。まずはおためし転職として仕事を体験してみることで、自分を活かせる仕事なら転職への道が拓けます。本当に"やりたい“仕事との出会いは「おためし転職」から。

特徴

職業体験(おためし転職)から始める転職
職業体験(おためし転職)から始める転職
HPで伝えられる仕事の魅力はごく一部。一緒に働く仲間、職場の環境、仕事の醍醐味。百聞は一見に如かず。職業体験で仕事の「やりがい」を体感しよう。
社長の想いに直に触れる
社長の想いに直に触れる
おためし転職期間のどこかに社長や経営層との交流を設定。彼、彼女たちの描く未来とは、会社の在り方とは、仕事に対する想いを直接聞いてみよう。
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でも参加しやすいように、多くのおためし転職は1日のみ。それ以外でもおためし転職回数・日程は選択可。現職を離れる前に、小さな一歩を踏み出そう。

サービスの流れ

まずは会員登録。登録・おためし転職への参加は無料
参加するには会員登録が必要です。サイト上部の新規登録ページより必要情報をご記入、個人アカウントを作成の上、希望する職場にお申し込みをしてください。
書類審査→職場とのやり取りをへて体験日時決定
書類審査に通過すると、職場からレスポンスがあります。仕事旅行のマイページ内で先方とやり取りをしながら、スケジュールなどの詳細を調整してください。
おためし転職実施。期間や頻度は相談可能。
希望する職場でのおためし転職に参加します。参加日数はおためし転職先と交渉可能です。
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職について
募集職種:店舗スタッフ・店長候補  株式会社いすず質店  神奈川

違いを見抜く鑑定士になる。小さな質屋でじっくり身につける、 奥深い「目利き」のチカラ。

企業情報

株式会社いすず質店

横浜に店舗を構え、創業1953年で4万人以上のお客様にご愛顧いただく、地域密着型の質屋です。その分、目利きの腕も確か!信頼も確か!幅広いネットワークで高価査定を実現しています。

地図を表示

こんな人と一緒に働きたい

アンティークや中古品に興味のある方
デスクワーク系の仕事と接客の仕事をバランス良くやりたい方
インターネットを通じた売買や広告に興味のある方

仕事内容

モノがあふれる時代の、頼れるキュレーターになる。

メルカリを始めとするフリマアプリの活況により、
高級品から日用品まで、あらゆる品が個人間で気軽に売り買いできる時代になりました。

ただ、その利便性の裏側で、私たちは数え切れないモノの中から自ら価値あるものを選び取り、
値をつけなければならないという、別の難題を抱えつつあります。

そもそもこれは本物だろうか。本当に価値のあるものなのか。適正な価格と言えるだろうか。
確信を持てないままスマホをタップする瞬間が、あなたにもあるかもしれません。

モノが氾濫する今、モノの価値を見極める”目利き力”を武器に、
戦後60年以上に渡って中古品の質入れ・買取・販売を手掛けてきたのが、いすず質店です。

横浜市・青葉台に店舗を構え、その確かな審美眼と丁寧な接客で、
地域のお客さんを中心に厚い支持を得ています。

青葉台は言わずと知れた人気高級住宅地。
近隣に富裕層が多いため、総じて取引額が多く、小さな店舗ながらも年商はなんと3億を超えるそうです。
これは同業者の中でも上位1割に入る売上規模だといいます。

ブランドバッグや高級腕時計・宝飾品などは、
年式や細部の形状、色味や傷の程度などによって、ときに数百万円の差がつくこともあるそうです。
それらの違いを正確に見抜き、適正価格での取引を実現することで、
いすず質店は売上だけでなくお客さんとの信頼関係を地道に築き上げてきました。

今回のおためし転職では、店舗運営全般に関わってくれる店舗スタッフを募集しています。
事務や接客を含む店舗運営に広く関わる中で多くの物品に直接触れ、
目利きの視点をコツコツ磨いていきましょう。
ゆくゆくは店舗をまるごと任せられるような人材を育てたいと、店長の奥吉慶太さんは語ります。

一つの場所でじっくり専門性を高めたい人、あるいはお店の運営に興味のある人にとっては
うってつけのおためし転職かもしれません。

リユース市場の盛り上がりが、目利きの価値を高めている。

中古品の買取・販売に比べ、質入れにはあまり馴染みのない方が多いかもしれません。

質入れとは、モノを担保にお金を借りること。
担保となる物品を質草と呼び、お客さんは質草を預けている間、利息を支払う必要がありますが、元金を支払えば質草は手元に戻ってきます。仮に元利金を支払えない場合も、質草が質屋のものになってしまうだけで(これを質流れといいます)、
その後元利金の請求は一切発生しません。

信用力の低い人でもモノさえあればすぐに現金を借りられるため、
質屋は長らく地域経済の見えないセーフティーネットの役割を果たしてきました。
実際いすず質店にも、様々な事情で急な入用が発生した人々が訪れるといいます。

庶民を支える社会的価値を備えた質屋ですが、その店舗数は戦後直後をピークに減少の一途を辿っており、
フリマアプリの活況と比べると、ちょっと先行きが暗いようにも見受けられます。
しかし、奥吉さんにはどうやら違った景色が見えているようです。

「必ずしも質屋の業績が悪くなっているわけではないんですよ。メルカリなどによって、リユース品に抵抗のない人が増えていることは、むしろ質屋にとってプラス要素と捉えています。フリマアプリのサービスが現れたことで、リユース市場の伸びしろがまだまだあることを実感しました。少なくとも、パイを奪い合っているような感覚はありません」



昨今、中古品情報の大部分がデータ化されており、比較的簡単に様々な物品の取引相場を把握できるようになったそうです。
最近ではAIで鑑定を行うアプリなども登場し、総じてテクノロジーによる非属人化の流れが加速しています。
これらは小さな質屋からすると脅威に感じられそうですが、「データを読み解く人の眼のほうが大切」と奥吉さんは指摘します。

お店に持ち込まれる物品の中には、ネット上にデータが存在しないものもあるそうで、
そういったときには、類似の物品データや海外のオークションデータなども参照しながら、
経験則や感覚値を組み合わせて価格を判定するといいます。

ブランド品の新作あるいは限定品などはそのわかりやすい例で、
データが極端に少ないため、類似品の定価から掛け率を計算して推測するそうです。
難しいのは、比較対象として何のデータを選び取るかという点。
同じブランドでも種類によって掛け率が異なり、どの商品を比較対象とするかで、
金額に大きな違いが生まれてしまいます。

また、商品の取引価格の推移や国ごとの取引状況のデータから今後の相場を予想し、
それを質入れの価格に反映させることもあるそうです。

単にデータを見比べることは、大手買取業者のアルバイトでもできるでしょう。
しかし、データを活用して目利きに役立てるリテラシーは、
なかなか一朝一夕で身につくものではありません。
もちろんそのリテラシーの土台には、長年多くのモノに直接触れる中で培った知識や相場観があります。

さらに言えば、どのようなダメージがどの程度金額に影響するのかは定量化が難しく、
まだまだ人力の査定に依る部分が大きいそうです。
コピー品の精度もますます進化しており、そこにもプロの嗅覚が必要とされます。

一見すると地味で古臭く思える質屋の仕事は、テクノロジーが発展するいまだからこそ
かえってその専門性が際立ってきていると言えるかもしれません。

有給取得率100パーセント。郊外に腰を据えて専門性を高めよう。

いすず質店のスタッフは、現在社員・アルバイト合わせて5名ほど。
販売や営業など、人と接する職業に就いていたスタッフが多いそうです。
同業者があまり接客に力を入れていない中、懇切丁寧な顧客対応を心がけてきたことも、
いすず質店が地域密着型店舗として成功している一因といえます。

働き方に関して特筆すべきは、有給取得率100パーセントの実績。
その背景にある想いを奥吉さんはこう語ります。

「広い視野を持って、自分の頭で考えて行動してほしいんです。そのためには限られた人間関係だけではなく、他のコミュニティに属すことなども大切だと思っています。スタッフの中には、私の勧めでフットサルを始めた人もいました。休日にも人と繋がりを持って、幸福感を高めるような活動をしてほしいですね」

広い視野を持ち、自分で考える。これは目利き力を高める上で大切な姿勢かもしれません。
店舗の業務については、奥吉さんを始めとするスタッフの皆さんがきちんとレクチャーするものの、
審美眼に磨きをかけるには、やはり自ら興味を持ってたくさんの物品に触れる姿勢が肝要です。
奥吉さん自身もビジネス関連の勉強会に参加するなど、日々目利き力を研鑽しつつ、
質屋の可能性を広げるために努力を重ねています。

今回のおためし転職は2日間。両日とも有給での実施となります。

1日目は、開店から閉店まで店舗の通常業務をひと通り体験してもらいます。
事務作業と接客の両方を行う中で、お店の全体像を掴んでみてください。
2日目には、簡単な目利きのテストを行います。ロレックスやエルメスといった高級時計の年式を刻印の違いで見分けるテストや、
ダイヤモンドの黄色みを見極めてグレードを当てるテストなど、どれも実務に即した内容になっています。

目利き力を高めた先のキャリアパスとして、
ゆくゆくは店長となってお店全体を切り盛りする選択肢も用意されています。
いすず質店の店長は、鑑定・査定のクオリティを司る重要な存在です。
現在は奥吉さんがその役割を担っていますが、やる気とセンスがあれば積極的に任せていきたいそうです。
そのころには、あなたは古今東西の品に精通した本物のプロフェッショナルになっているかもしれません。

小さなお店の中に広がる、どこまでも奥深い目利きの世界。
プロの仕事人としての生き方を、ここからスタートさせましょう。

求人情報

募集する職種

・店舗スタッフ

・店長候補

こんな人と働きたい アンティークや中古品に興味のある方
デスクワーク系の仕事と接客の仕事をバランス良くやりたい方
インターネットを通じた売買や広告に興味のある方
必須スキル Office等、基本的なPCスキル
歓迎スキル 中古品ビジネス経験
WEB広告やECサイト運営の経験
応募後の流れ 書類選考→面談2回(予定)→おためし転職→採用
給与 時給1,100円支給
おためし転職の内容 ◯1日目:通常の店舗運営の流れを体験
◯2日目:1日目と同じく店舗業務を行うとともに、途中で目利き力のテストを実施
(ロレックステスト、エルメルテスト等)
おためし転職時の勤務地 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-15-26
地図を表示
おためし転職期間 ・2日間実施予定
・両日とも9:40〜20:00
採用形態 正社員
基本給 月給22万円~30万円
手当 ■給与改定年1回
■賞与年2回
■社会保険完備
■交通費支給(月5万円まで)
■住宅手当(自宅から会社まで徒歩か自転車で10分以内にお住まいの方が対象)
■扶養手当
■産前産後休暇・育児休暇(男性の育児休暇取得実績有り)
■出産後の時短勤務
■退職金制度
■ジム代手当
賞与 ・年2回
・最大4か月分支給
※昨年(2018年)実績平均3.5ヶ月分

試用期間 3ヶ月(月給22万円~24万円)※勤務体系により変動
任せたい仕事 店舗での来客応対や鑑定・査定、顧客データや商品情報の入力などの事務業務、業務の効率化など質を高める為の仕組みづくり、情報収集や資料作りなどを広くお任せします。仕事の割合は、デスクワーク7:接客3ぐらいの割合です。

【具体的には】
◆鑑定・査定
マニュアル・オンジョブを組み合わせて少しずつ査定可能な品目を増やしていきます。

◆情報収集・資料作成
常に新しい商材・販路・買取方法・広告などを模索していますのでそれに関する情報を集めていただいた上で
自分で考え提案が出来る様になって欲しいです。

◆接客対応
店舗にご来店されたお客様の応対、ブランド品や金券の買取・販売、質入れやお利息の応対など
月に一度のミーティングでは接客のやり方なども話し合いますのでより良い接客が出来る様にしていきましょう

◆入力業務
顧客データや商品情報の入力、在庫管理などの事務業務

◆EC出品
ECサイトにアップする商品のスペックを調べたり状態を確認して入力していきます
採用時の勤務地 神奈川県横浜市青葉区青葉台1-15-26
地図を表示
就業時間 9:40~20:00の間でシフト制(実働8時間)
時間外労働 月15時間程度
休日・その他制度 ■完全週休2日制(日曜固定、他曜日はシフト制)

■年末年始休暇(5日)、お盆休暇(5日)、有給休暇ほか
※過去5年間の有給取得率は100%
※年間休日115日(祝日休みの場合129日)程度+有給休暇
加入保険 厚生年金、健康保険

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP