おためし転職について
「人生100年」と言われる時代。給料だけじゃなく、出世でもなく、本当にやりたいことを仕事にしようと職探しをすることも当たり前の時代に。
とはいえ、一度就職した後に転職となるとハードルがあるのもまた事実。どうやればやりたい仕事に出会えるのか分からないという声もよく聞きます。
仕事旅行はそういった方々に「新たな仕事との出会いの場」をご提供したい。まずはおためし転職として仕事を体験してみることで、自分を活かせる仕事なら転職への道が拓けます。本当に"やりたい“仕事との出会いは「おためし転職」から。

特徴

職業体験(おためし転職)から始める転職
職業体験(おためし転職)から始める転職
HPで伝えられる仕事の魅力はごく一部。一緒に働く仲間、職場の環境、仕事の醍醐味。百聞は一見に如かず。職業体験で仕事の「やりがい」を体感しよう。
社長の想いに直に触れる
社長の想いに直に触れる
おためし転職期間のどこかに社長や経営層との交流を設定。彼、彼女たちの描く未来とは、会社の在り方とは、仕事に対する想いを直接聞いてみよう。
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でも参加しやすいように、多くのおためし転職は1日のみ。それ以外でもおためし転職回数・日程は選択可。現職を離れる前に、小さな一歩を踏み出そう。

サービスの流れ

まずは会員登録。登録・おためし転職への参加は無料
参加するには会員登録が必要です。サイト上部の新規登録ページより必要情報をご記入、個人アカウントを作成の上、希望する職場にお申し込みをしてください。
書類審査→職場とのやり取りをへて体験日時決定
書類審査に通過すると、職場からレスポンスがあります。仕事旅行のマイページ内で先方とやり取りをしながら、スケジュールなどの詳細を調整してください。
おためし転職実施。期間や頻度は相談可能。
希望する職場でのおためし転職に参加します。参加日数はおためし転職先と交渉可能です。
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職について
募集職種:地域おこし協力隊  鶴岡市役所企画部地域振興課  山形

鶴岡をふたたび絹の町に。生まれたての「養蚕プロジェクト」を一緒に育てていく

応募を終了しました。

企業情報

鶴岡市役所企画部地域振興課

鶴岡市は、古くは城下町として栄え、山・平野・川・海に抱かれた豊かな自然環境のもと、ユネスコの食文化創造都市にも認定された食材と食文化の宝庫です。
また、高度な研究機能やバイオ関連産業の集積が進み、夢の素材「人工クモの糸」の開発で世界から注目を浴びるスパイバー社など、ベンチャー企業も続々と誕生・躍進を遂げており、チャレンジしたい若者大歓迎です。
本市では、地域とともに地域づくり活動に取り組む人材として、都市部の意欲ある若者を積極的に受け入れ、若者の視点や発想を新たな地域活性化の起爆剤とするため、「地域おこし協力隊」を募集しています。
地図を表示

こんな人と一緒に働きたい

コミュニケーション力が高く、自分の得意なことや興味があること
地域に眠る様々な資源等を活かして、地域課題の解決にコミットできる方

仕事内容

シルクのちからで地域をおこす。

地方創生が叫ばれる中、地域おこしやローカルビジネスが勢い付いている昨今。
華々しい活躍を見せるローカルイノベーターが存在する一方で、「地方で働くことに興味はあるものの、何から始めて良いかわからない」という方も、意外と多いのではないでしょうか。

ローカルで活動するための、”最初の取っ掛かり”を見つけられずに悩んでいる。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、山形県鶴岡市・福栄地区の地域おこし協力隊のお仕事です。

山形県鶴岡市は東北で最大の面積を有し、山・海・里の豊かな自然に囲まれています。
平成26年には「ユネスコ食文化創造都市」に認定され、東北随一の”食のまち”として知られていますが、
鶴岡にはもう一つ、”糸のまち”としての顔があります。

澄み切った山紫水明の地である鶴岡は、明治維新以降、全国有数の養蚕業の一大集積地として栄えました。時代の流れの中で産業としての養蚕は衰退していきましたが、絹産業文化の保存継承と新たな産業振興を目指すべく「鶴岡シルクタウン・プロジェクト」が発足。繭を使った加工品の開発・販売など、さまざまな取り組みを行っています。

今回のおためし転職では、この「鶴岡シルクタウン・プロジェクト」の根幹をなす、「養蚕プロジェクト」を一緒に推し進めてくれる地域おこし協力隊のメンバーを募集します。「養蚕プロジェクト」では、地域のプレイヤーとともに蚕の飼育から関わってもらい、養蚕を起点にした新たなビジネスの創出を目指していきます。

シルクは衣類のみならず、美容品や食料品、再生医療の分野などでも活用されており、
私たちが想像している以上に多様な分野への応用が効く素材です。
また、蚕の飼育に必要な桑も、葉をお茶にしたり実でジャムを作ったりと、二次加工品の開発も盛んに行われています。

地域づくりに関わりたい方、あるいは地方でビジネスをしてみたいという方にとっては、
その最初のきっかけを見つける上で、またとない機会を得られるかもしれません。

来てくれた人の発想を大切にしたい。

蚕はとても繊細な生き物だといいます。
気温変化や雑菌に弱い上、餌となる桑の葉に少しでも消毒液が付着していると、途端に死んでしまうそうです。
大きくなればなるほど餌の量も頻度も多くなり、朝・昼・晩の世話が必要になります。

ただ、手間のかかる子ほど可愛いもの。
羽化した際は黒ゴマ1粒大だった蚕が、体長15cm前後に成長して繭を作ってくれたときには、感慨深いものがあるそうです。

福栄地区・木野俣では、山間の旧校舎を飼育舎として活用し、たった一人の養蚕指導員の指導のもと、地域の皆さんで手探りで繭作りに挑んでいます。飼育している蚕もまだ少なく、その数およそ2万5千頭。数だけを聞くとかなり多いように感じますが、分量にすると小さなトレーひとつ分。1頭の蚕から取れる繭は2グラム程度で、市場で流通させるには、まだまだ物量が足りないというのが実情です。

ただ、現在でも屑繭に彩色を施して工芸品を作るなど、養蚕の再興に向けて少しずつ前進しています。
地域おこし協力隊の先輩・古舘由隆さんがご自身で作られた屑繭の指人形を見せてもらいました。




今回募集する協力隊員にはどんなことが期待されているのでしょうか。

福栄養蚕振興会の会長であり、木野俣地域を支えるコミュニティ「木野俣いきいき隊」の長でもある五十嵐正直さんにお話をうかがいました。

「蚕の飼育そのものよりも、養蚕にどう付加価値を付けるか。そのあたりを一緒にやっていける人が来てくれると嬉しい。3年の任期が終わって、”はい、さようなら”ではなくて。養蚕を上手く取り入れて、この地域で生業を生み出す人が出たらいいなあ」



「養蚕プロジェクト」の取り組みは昨年平成30年に始まったばかり。体制が固まり切っていない分、発展途上だからこその面白さがあるのは間違いありません。先述のとおり、シルクは商業ベースに乗ればさまざまな活用の可能性があり、鶴岡市としても養蚕を軸にした起業に対して、スキルアップや資金の面でバックアップを行っていくそうです。

協力隊員の受け入れについて、木野俣自治会の会長・大滝徹さんは最後にこんな想いを明かしてくれました。



「もし来てくれる人がいるとしたら、こちらから何かをしてくださいとお願いするのではなく、その人がこの木野俣の自然を見る中で得た発想を大切にしてあげたい。ここにずっといる私たちよりも、別の土地から来てくれる人の発想から生まれるもののほうが、きっと強みがあるだろうから」

養蚕はあくまでも入り口。地域で自分のテーマを見つけよう!

協力隊として木野俣に来てくれる人にはぜひ「声を上げてほしい」と、協力隊の古舘さんは期待を込めて話します。

「正直、私も最初の半年くらいは何をしたら良いかわかりませんでした。人も知らないし、土地も知らない。居場所を作るまでが大変でした。だからこそ大事なのは、声を上げること。自分が何をしたいのか、周りに伝えていくことです。それと同時に、ぜひともご自身が今まで経験してきたことを活かしてほしいと思います。いまはできないけど、やってみたいことなどもあれば聞かせてほしい !高望みし過ぎですかね(笑)」

二泊三日のおためし転職では、「養蚕プロジェクト」にまつわる施設の見学のほか、夜には五十嵐さんや古舘さんを始めとする地域のキーマンたちとの交流会も行います。ぜひ、現地で気になったことをざっくばらんにぶつけてみてください。

今回の協力隊の主なミッションは「養蚕プロジェクト」への参画ですが、それはあくまでも一つの入口に過ぎません。協力隊の活動エリアである福栄地区・関川には、木の皮を剥いで織った古代布「しな織」の文化が今なお受け継がれていたり、一方で、様々な産業の未来を変えるかもしれない「人工クモの糸」の生産に挑むスパイバー社が研究開発の拠点を置いていたりと、糸や繊維に関する文化・知見が集積しているのが鶴岡の面白いところ。鶴岡が”糸のまち”たる所以は、養蚕業だけではないのです。

広大なフィールドの中に、さまざまな地域おこしのヒントが散りばめられた鶴岡。
人と自然に触れ合いながら、あなたなりのテーマ探しに挑んでみてはいかがでしょうか。

応募を終了しました。

求人情報

募集する職種

地域おこし協力隊

こんな人と働きたい コミュニケーション力が高く、自分の得意なことや興味があること
地域に眠る様々な資源等を活かして、地域課題の解決にコミットできる方
歓迎スキル ファシリテーション
応募後の流れ (電話面談)0235-25-2111、内線586→(日程調整)→(書類提出)→(おためし転職実施)
応募資格 ・現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村)に居住し、委嘱後に鶴岡市の活動地域に生活の拠点を移し住民票を移動できる方
・心身が健康で、かつ地域住民とともに地域づくり活動に取り組む意欲と情熱をもっている方
・普通自動車免許を有する方(AT限定可)
・パソコンを日常的に利用されている方(ワード・エクセル・パワーポイント)
給与 なし。滞在費(宿泊費等)は市で負担します。
おためし転職の内容 1泊2日を原則とし、次のような内容とします。
【1日目】午後)オリエンテーション・地域巡り・養蚕現地研修
     夜)交流会(住民、現役・OB協力隊員等) 《宿泊》楯山荘
【2日目】午前)桑園作業・繭のクラフト体験
     終了後)面談
おためし転職時の勤務地 木野俣集落センター
地図を表示
おためし転職期間 応募者の状況を確認し、1泊2日~で調整します。
採用形態 その他
基本給 166,600円/月
手当 ・時間外勤務手当、退職手当は支給しません。
・活動期間中の住居は市が用意し、家賃は市が負担します(光熱水費・通信料等は自己負担)。
・活動に使用する車両は市が用意します(活動に要する燃料費は市負担)。
・3年間の任期終了の前後1年以内に市内で起業する場合、補助金により支援します(上限100万円)。
賞与 なし
試用期間 要相談
任せたい仕事 福栄地区の産業の振興を図るため、新たな可能性を秘める「養蚕プロジェクト」を推進し、地域ぐるみの養蚕の体制づくりに取組むとともに、自身もこれら地域資源を活用した起業を目指してもらいます。

(1)地域づくり活動の推進
(2)共同作業による集落維持
(3)養蚕プロジェクトの推進(①養蚕を活用した事業の支援、②新たな体験プログラムの実証と出前講座)

※鶴岡市非常勤特別職として委嘱します。(1名)
採用時の勤務地 木野俣集落センター(山形県鶴岡市木野俣乙241-5)
地図を表示
就業時間 週30時間のフレックスタイム制(【標準】週5日、9時~16時)
時間外労働 なし(週30時間のフレックスタイム制の中で調整します)
休日・その他制度 週2日
加入保険 加入無し
応募を終了しました。

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加

<19年夏の新ゼミ生>募集中!2019年7月~9月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP