おためし転職について
「人生100年」と言われる時代。給料だけじゃなく、出世でもなく、本当にやりたいことを仕事にしようと職探しをすることも当たり前の時代に。
とはいえ、一度就職した後に転職となるとハードルがあるのもまた事実。どうやればやりたい仕事に出会えるのか分からないという声もよく聞きます。
仕事旅行はそういった方々に「新たな仕事との出会いの場」をご提供したい。まずはおためし転職として仕事を体験してみることで、自分を活かせる仕事なら転職への道が拓けます。本当に”やりたい“仕事との出会いは「おためし転職」から。

特徴

職業体験(おためし転職)から始める転職
職業体験(おためし転職)から始める転職
HPで伝えられる仕事の魅力はごく一部。一緒に働く仲間、職場の環境、仕事の醍醐味。百聞は一見に如かず。職業体験で仕事の「やりがい」を体感しよう。
社長の想いに直に触れる
社長の想いに直に触れる
おためし転職期間のどこかに社長や経営層との交流を設定。彼、彼女たちの描く未来とは、会社の在り方とは、仕事に対する想いを直接聞いてみよう。
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でもOK。1日~の職業体験
在職中でも参加しやすいように、多くのおためし転職は1日のみ。それ以外でもおためし転職回数・日程は選択可。現職を離れる前に、小さな一歩を踏み出そう。

サービスの流れ

まずは会員登録。登録・おためし転職への参加は無料
参加するには会員登録が必要です。サイト上部の新規登録ページより必要情報をご記入、個人アカウントを作成の上、希望する職場にお申し込みをしてください。
書類審査→職場とのやり取りをへて体験日時決定
書類審査に通過すると、職場からレスポンスがあります。仕事旅行のマイページ内で先方とやり取りをしながら、スケジュールなどの詳細を調整してください。
おためし転職実施。期間や頻度は相談可能。
希望する職場でのおためし転職に参加します。参加日数はおためし転職先と交渉可能です。
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職時の活躍次第で、天職への道が拓けるかも!?
おためし転職について
募集職種:在留カードチェッカーのアドバイザー  DHRグループ株式会社  東京

働きづらい人が働きやすくなる社会の実現のために、「在留カードチェッカー」を広めたい。このミッションへの共感者を求む

企業情報

DHRグループ株式会社

2008年創業でITを生業とし、大手のアプリサービスのスタートアップなども行ってきた。時代の流れとともに、RPAやAIを駆使することで、人にしかできない仕事の存在意義を高めている。「働きづらい人を働きやすく、生きづらい人を生きやすく」をミッションとし、発達障害を持つ人材や外国人の就業支援事業も行う。
地図を表示

こんな人と一緒に働きたい

・新しいビジネスに触れてみたい
・昨今の外国人の雇用問題に興味がある
・イキイキと働ける人を増やしていきたい

仕事内容

健全な外国人採用を”未来のアタリマエ”に

ニュースで目にする、耳にすることが増えてきた外国人採用労働。人口が年々減っていく日本において、海外からの労働力受け入れは、昨今クローズアップされている人手不足解消の打ち手のひとつとして重視されています。

しかし、こういった政策に対して不安の声も聞こえてきます。

「異なる文化を持つ外国人と一緒にうまくやっていけるのか?」
「安価な労働力を使いたいだけなのでは?」
「どうせすぐ帰ってしまうんだろう…」etc。

また、日本で働く外国人労働者で、特にその扱いが問題視される技能実習生たちに、
「帰国後また日本に帰りたいですか?」という質問を投げかけると、イエスと答えるのは約半数に過ぎないという調査結果もあります。外国人採用には様々な課題があると言えるでしょう。

そういった課題に取り組んでいるのがDHRグループ株式会社です。DHRグループはIT技術を軸に「RPA・AI」「人財活躍支援」「新規プロジェクト創造」を柱とする様々な事業を展開しています。「人財活躍支援」の領域では、海外からの技能実習生や子育て中の女性、障害者といった「労働マイノリティ」と呼ばれる人々をサポートする取り組みにも力を入れてきました。

外国人の働きやすさに本気で向き合ってきた同社が、このたび開発した画期的ツールが「在留カードチェッカー”One-Check TAB”」。このおためし転職では、現在特許出願手続き中である、この新商品の営業担当職を募集します。

偽造された在留カードの横行が外国人の採用市場をゆがめている

在留カードチェッカー”One-Check TAB”とはどういったプロダクトなのでしょう? そもそも「在留カードって何?」と思われている方もいるかもしれません。

「在留カード」とは日本で中長期滞在をする外国人に発給される、いわば身分証明書の役割を果たすもの。実は今、この在留カードの偽造品が横行し、偽造品を使って携帯電話を契約したり病院の診療を受けるなど、様々な違反も報告されています。企業が不法滞在者を雇用してしまうケースもあり、発覚すれば事業者も処罰の対象になります。

入管法の改正により2019年4月から、外国人労働者の雇用主だけではなく病院などでも、制度悪用防止のため偽造在留カードのチェックが義務化されますが、偽造技術も巧妙化し、目視での判断は難しくなっています。

そこで開発されたのが「在留カードチェッカー”One-Check TAB”」。入国管理局より公開されているICチップ読取仕様に基づいた格納情報を、NFC対応のタブレットが瞬時に判別。提示された在留カードに偽造・改ざんされたものがないか正確に、素早く確認できるツールです。

DHRグループの代表を務める西村大樹さんは、開発の意図を次のように話します。

「偽造を簡単に見抜くことができれば、悪いことをする人間が外国人採用市場から退場せざるをえず、技能実習生に対する社会的イメージもクリーンになっていくと思うんです。彼らの大多数は真面目に働きたい人ですが、一部の人たちの行いがクローズアップされることで誤解が生じている面もあります。

低コストで導入できて使いやすく、かつ軽量のカードチェッカーの普及は、『真面目な外国人を採用したい。彼らの力を伸ばしたい』と真摯に考える企業の後押しになり、ひいては採用市場を健全化することにつながるというのが、我々の考えです」

西村さんは、IT業界で大手企業のアプリ立ち上げなどに携わってきましたが、最初に入った会社が人材系だったこともあり、技術の力で「働きづらい人を働きやすく、生きづらい人を生きやすく」する社会の実現を、DHRグループのミッションとして掲げています。

子育て中の女性や障害者と同じく、外国人も「働きづらい、生きづらい」状況に陥りやすい存在です。例えば技能実習生として日本に来るには、現地の送り出し機関に多額のお金を支払う必要があり、来日後に劣悪な条件での労働に従事させられても、借金を返すため無理や我慢を重ねる人も存在します。

DHRグループは、まずこの「One-Check TAB」を普及させ、技能実習生の社会的信頼度が向上することで、ゆくゆくは企業と外国人とが、仲介を通さずに直接にやりとりをし、お互いが一番いい形で雇用契約を結べるようになる社会を目指そうとしています。その実現に向けた求人サイトの構想も西村さんの頭の中にあるようです。

「日本にまた来たい」を100%に

今回の入管法の改正で、日本は2025年までに50万人超の人材受け入れを目指すことになっていることから、DHRグループによる外国人財活躍支援事業は、ビジネス的にも大きな可能性を秘めていると言えるでしょう。

しかし、DHRグループは数字だけをひたすら追う人材を求めているわけではありません。今回のおためし転職では、在留カードチェッカー”One-Check TAB”」の営業戦略と販売戦略を立案していただき、レビューを受けることができますが、西村さんは「おためし転職では、応募者のスキルというよりも、実現したい社会に向けた覚悟を見たい」と言います。

DHRグループが実現したい社会とは、例えば帰国後に「機会があれば、また日本に来たい!」と笑顔で言える外国人を増やすこと。このビジョンに響くものがある方は、やりがいを見出せる仕事だと思います。

おためし転職情報

募集する職種

在留カードチェッカーのアドバイザー

給与 ■インターン時
交通費、お昼ごはん手当
■正社員採用時
固定給 月給23万円~60万円
任せたい仕事 在留カードチェッカーの営業。
おためし転職では、営業戦略や販売企画をプランニングしていただき、こちらでレビューを行います。
こんな人と働きたい ・新しいビジネスに触れてみたい
・昨今の外国人の雇用問題に興味がある
・イキイキと働ける人を増やしていきたい
必須スキル 特にありません
歓迎スキル 人材系の営業や事務、販売職での経験があればうれしいです
就業時間 フルタイムの場合は9時半から18時半
採用までの流れ 代表理事と面談1回
おためし転職参加後は? 正社員でも副業でも希望する働き方に合わせて採用いたします。
場所 東京都中央区八丁堀
地図を表示

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP